スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

スイーツ(略)について81 最近の記事 その11

まいど、はんろんまんです。

朝夕はめっきり寒くなった今日この頃ですが、皆さん如何お過ごしでしょう
か?
こう寒いと蕎麦や饂飩が恋しくなりますが、最近は家に帰る時間が遅く、
駅などの立ち食い蕎麦屋も殆ど開いていません。

今度の休みにでも、お気に入りの蕎麦屋に食べに行きたいところですね。

まあ、そんな前置きはともかく、いつものヤツです。


>【韓国起源】テキサス親父が「ピザの起源は韓国」動画にブチ切れ…韓国
 も応戦「イタリア人(?)は冗談が通じないな」★

 http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-2675.html
  (11/03)

まず記事タイトルの「ピザの起源は韓国」動画だが・・・、

>ピザの起源は韓国 The True Origins of Pizza is South Korea
 http://www.youtube.com/watch?v=a6HG9XtBgFY
(字幕付き)

一言で言うと「笑える動画」である。
まず最初に「マルコ・ポーロが中国からパスタを盗んだのであれば韓国から
ピザを盗むのも簡単だ」と言うのだが、スパゲッティの歴史上最古の遺物は
イタリア・チェルヴェーテリで紀元前4世紀のエトルリア人の墓から出土した
ものであり、1254年9月15日生まれのマルコ・ポーロが中国から「麺」という
概念を盗んだとしても、時代が違いすぎる。
またスパゲッティを含むパスタ全体で見ても、現在と同じような食べ方をして
いる事を記録している最古の書物は、マルコ・ポーロが生まれる30年前の
1224年8月2日付け、ジェノヴァの公正証書であり、これも歴史が合わない。

で、続いて動画ではアメリカはブルックリンのピザ屋の前でマルコ・ポーロの
絵と韓国語で「泥棒」と書かれたプラカードを持って抗議する、明らかにアジ
ア系の男性の話に移り、プラカードの画像から、韓国の地方都市に住むハン
・サンジュンという韓国人男性にスポットが当たる。
プラカードの男性とサンジュン氏は別人です

大学の歴史学科を中退したらしいサンジュン氏は、

「自分はマルコ・ポーロが大嫌いだ。彼は我が国の宝を盗んだ」
「韓国のピザを盗んだんだ!!」


と熱く語り、更に動画の中では彼のことを「事実を暴き投稿したブロガー」
と言っている。

更に最初に登場したのとは別の人物(男女一名ずつ)が

「ピザは我が国のものだが証拠は殆ど残っていない」
(証拠が無いのであれば只の妄言では?)

「但し遺物が次々と発掘されている」
(何かの「柄」らしきものと割れた円盤、まさかこれでピザカッターとでも言うのか?)

「この絵画を見て下さい。彼は何をしている?」
(どう見てもピザの「具」の乗る面を持っているようにしか見えないが?)

「アジアにはピザに良く似た食べ物がたくさんあるがチンジュ市(晋州市)
 のものは」伝統的なピザに似ている」

(どう見ても薄切りソーセージを並べて焼いたパンにしか見えない)

「イタリヤは我が国に謝罪すべき」
(こんな薄い根拠で「謝罪すべき」と言っても、ねぇ・・・)

と散々喚き立てた後、今度は「イタリア文化センター所属」という肩書き
の人物が

「韓国人がピザを発明したって? カプチーノやフェラーリも発明したと
 言いたいの? 冗談はよしてくれ」

と苦笑しながら述べるのだが、彼の言うとおり、此処までの韓国側の主張は
「只の笑い話」以上の何者でもなく、また具体的且つ理屈の根拠となる証拠は
一切提示されていない。

で、動画のほうに話を戻すと、「伝統的なピザを作っている人が要るのか?」と
いう事で、韓国のピザチェーン店 ミスターピザの経営者に対するインタビュー
に入るのだが、これがまた凄い内容である。

「わが社がピザの元祖である。父は元祖ピザを作っていた」
「祖父、曽祖父と先祖代々作っていた」
「ピザを発明したのではないが我々が元祖である」

と言い張り、インタビューアーに「発明も元祖も同じことでは?」と突っ込まれ
ると憮然とした顔になり、挙句の果てには「彼から決定的な証拠を得るのを
諦めた」と言われる始末。

なお、経営者は上記のようなことを言っているのだが、ミスターピザは1990
年に日本で経営していたピザ店の日本国外の権利を創業者が買い取り
始めたもの(日本国内の事業は買収した企業が解散したため消滅)で、
決して「韓国の伝統料理に根ざしたもの」では無い。


ソース
http://japanese.joins.com/article/171/119171.html?servcode=300§code=300
http://japanese.joins.com/article/172/119172.html?sectcode=&servcode=300%C2%A7code=300
http://ameblo.jp/noboozy/entry-10808982530.html

で、動画に話を戻すが、今度は仏教を取り上げ、苔も生えていない妙に新しい
仏像の頭の上にある飾り(恐らく冠を模したもの)を指し「四角い飾りははピザの
箱だという『決定的証拠』」という珍説を語り出すのだが、此処まで来ると、もう笑
うしかない。
しかも二段重ねの飾りに対し「上の段は『ガーリックパンの無料サービス』を示し
ている」とまでいうのだが、にんにくは仏教において「五葷」「五辛」とされ食べる
ことが禁じられていた筈なのだが、そんなものが仏像になっている時点で、その
言い分は破綻していると言わざるを得ない。

で、先ほど出てきた女性が「我が国はガーリックパンも発明したんです」としたり
顔で言うあたり、「こいつらには恥が無いのか?」と聞きたくなる気分だ。


で、こんな元ネタに対してブロク主が言うには

>この毎回ネット右翼を喜ばせている「テキサス親父」に「これほど醜い日
 本人女性」を読ませたいのだが、何か有益な情報を持っている方居ません
 か?

と言うのだが、「テキサス親父」とはアメリカ・テキサス州在住のトニー・
マラーノ氏だが、ちょっと調べれば日本国内でもオフィシャルサイトが開設
されていることがすぐ分かる筈だし、そもそもwikiすら個別な記事が上げ
られているのだが、そんなことも調べず他人に頼ろうとする時点で、ブログ
主の程度が知れようというものだ。

---------------------------------------------------------------

次は、

>続々とクズ登場中!
 http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-2676.html
 (11/05)

まず自分に反論する人間を「クズ」と決め付け罵倒したり、

>自分が醜い、他人を認める心の余裕が無い、だから「白人」や「韓国人」
に対し、一方的「レッテル」付けをし、一方的な未来を勝ってに予測して
まで「白人は劣化が早い」「今綺麗でも将来デブに成る」と、白人を否定。

と言うが、以前

>日本人は顔の老化が遅いと言われようが、体の老化は世界一早い
 http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-2667.html

と言っていた人間の言って良い事では無いだろう。

それに、

>容姿が美しい=中身が伴っている証拠
 容姿の美しさが、新たな文化、文明、娯楽、快楽、楽しみ、幸福を作り出す
 根源であり、必須条件。
 お前ら鬼畜日本猿が「白人批判」をできるのも、欧米が作り上げた文明の中
 で生活しているから、白人や韓国人を批判できる訳wwwwwwww


と言うが、日本が欧米と隔絶していた江戸時代ですら江戸の町は世界最大規
模の都市を形成していたわけだし、今現在でも文明の全てが欧米発という訳
でもない。
それに人間の容姿と性格や文化娯楽に対する創造性が比例するという考え方
自体、以前スイーツ(略)で話題に上った、「疑似科学」の一種であるチェーザレ
・ロンブローゾの「生来的犯罪人説」そのものであり、結局のところ容姿という非
可逆的に替えようの無い、しかも個人間でバラツキが大きく、かつ精神的なもの
とは関連の薄い事項を槍玉に挙げてどうこう言う時点で、何の説得力も無いだ
ろう。

---------------------------------------------------------------

取り合えず此処まで。

スポンサーサイト

2011-11-16 23:22 : スイーツ(略)の記事 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

更新お疲れ様です。
ホントに寒くなりましたよねえ、確かに饂飩や蕎麦が恋しくなります。

しっかし向こうも随分と寂しくなっておりますな。まあ片っ端から客を追い出してさらに人が
寄り付かないように「用心棒」まで置いているとなれば当然の結果ではありますがね。

今あるコメントといったら一見さんのからかい半分の冷やかしとそれに噛みつく用心棒の罵倒、
ついでにおべっかだけとくる。

まるで畑違いの慰安婦がどうだのなんてコメントにまで噛みついているんだからどうしようも
ありませんよ。まあそれを根拠もなく作り話だとか断じているあの姿を見ると、あの用心棒の
お里だの普段どんな連中とつるんでいるだのが何となく知れますけどね・・・w
2011-11-16 23:52 : ヨイチ URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ロン・セガン

Author:ロン・セガン
「昼は専門学校生、夜はサラリーマン」の二足の草鞋で奮闘する三十路男。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。