スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

スイーツ(略)について82 最近の記事 その12

昨夜は記事を1つアップした後ソファーの上で寝てしまいましたが、続き
です。
まずは、

>未だに自演を続ける哀れ52歳無職性犯罪者男性
 http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-2677.html
 (11/06)

自演だ自演だ、と騒ぎ立てるだけで何の根拠も示さず「自分に都合の悪い事
を言うのは全てカルビ氏だ」と言ったところで、一体何になるというのだろうか?
と言うか此処まで行くと只の被害妄想だな・・・。

---------------------------------------------------------------

次は、

>管理人叩いてるネトウヨは本当に幸せ者だよなw
 http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-2678.html
 (11/06)

何と言うか、

>お前らが自分の容姿がキモいのをネットでネタにして、自虐的にでもそれ
 なりに幸せに生きてられる今日があるのは、外からイケてる若い白人アジ
 ア人が流入してこないからだ。
 欧州あたりからオタクじゃない普通の若い男が頻繁に日本に来るようにな
 ってみろ。外専でない女まで外専になるからな!断言する。

と、見も知らずの相手の容姿に対し「キモい」と決め付けたり、

>なんで日本女に外専が少ないか分かるか?白人が嫌いだから?いや、あり
 えない。
 真実は、生身の若い同年代の外人に接する機会がないからだよ。
 

だのと、自分の好みだけが正しいものとして論じたところで、何の意味も
無いと思うが?

それに、

>「ヨイチ」やブログに粘着するクズどもや、嫌韓の馬鹿どもを滅亡させる
 為にも、日本人に海外の現状を知らせる必要があると思われます。
 日本人が悪魔化し、基地外化しているのも、身近に手本、指標となる「美」
 が存在しないのが原因です。
 一人でも多くの悪魔日本人を絶滅に追い込み、日本人の精神状態と容姿を
 浄化する為にも、海外文化、「海外の美」を更に日本に浸透させ、日本人
 に植えつけられた洗脳を「解除」しなければ成らないと思います。

と、社会一般の常識やら自分と異なる考え方を「洗脳」だと論じ、屁理
屈をこね回した
ところで、何の説得力も無いだろう。

---------------------------------------------------------------

続いて、

>ホントに管理人さんにかみついてくる奴100%で基地外だよね
 http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-2679.html
 (11/07)

自分に反論するから気違いだ、自分に反論することは間違っている、自分に
反論するから「クズ」だ、と言い張っても、ブログ主の主張が頓珍漢であったり、
且つ事実と相反するものであることは厳然たる事実であり、それを反論者を
貶め罵倒する事で正当化したところで、只の妄想に過ぎないだろう。

それに、

>懐疑主義者は恐らく死んだのでしょう。

>懐疑主義者は恐らく、突然の「美意識の覚醒」により、精神が撹乱され廃人
 となった、又は2chやネットに書き込む気力が無くなったのだろう。
 「美意識の覚醒」が、悪魔日本猿や嫌韓馬鹿を「浄化」し、滅亡に追い込む
 という「これほど醜い日本人女性」の主張が「懐疑主義者」の市を持って証
 明されたのだ。


と言い張ったところで、この記事が更新されたのが11/7の未明なのに対し、
コメント欄で2011/11/07(月) 13:35に懐疑主義者様が2chに書き込んだ
コメントが引用されている時点で、ブログ主の言い分は破綻したと言って
良い
だろう。

しかし、ブログ主に賛同する積もりが、その言い分を破綻させる事を書き込
む当たり、やはりブログ主の支持者というのはブログ主と同レベル
という事
なのだろうか?

と言うか、ブログ主が言うところの「美意識覚醒」を彼自身が体験したのが
何時かは知らんが、1990年代だとしても、外国人タレントやモデルなどは
日本国内でも普通に見られたし、日本が鎖国を行っているわけでは無
いのだから、当時でも実際に日本国内で外国人を目にすることなど多々
あった筈だ。


それを、海外に行かねば外国人の容姿、スタイルに気付かず、

>某海外で生活を始め数ヵ月後、日本から持ち込んだ雑誌の日本メス猿を見
 て、以前と全く違う印象を感じるようになりました。最初は自分の中で何
 が起きているのか分からなかった。


>症状は更に悪化し、海外の街行く日本メス猿をその独特のスタイルの悪さ、
 歩き方の不恰好さ、顔、ファッション、足の曲がりや腰つきで、50メートル先
 からも「日本メス猿が歩いている」と認知できる特殊能力が身に付いてしまっ
 たのです。



>そして、日本に帰国すると、美意識、嗅覚が更に研ぎ澄まされ、街行く日
 本メス猿全員のスタイル、O脚、猿歩き、顔デカが目につくようになり、
 当然歩きながら爆笑、「O脚ぅううう」と奇声を上げる寸前となる。


と、歩きながら突然爆笑し奇声を上げる、という端から見れば只の変人で
しか無い行動を取るのが「覚醒」だという
のだから、奇妙な話では無いだ
ろうか?
しかもそれを自分の嗜好の変化ではく、まるで隠されていた世界の常識に
自分だけが気付いたと勘違いも甚だしい優越感を感じて自画自賛している

のだから、始末に終えない。

---------------------------------------------------------------

取り合えず此処まで。

スポンサーサイト

2011-11-17 06:24 : スイーツ(略)の記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ロン・セガン

Author:ロン・セガン
「昼は専門学校生、夜はサラリーマン」の二足の草鞋で奮闘する三十路男。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。