スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

スイーツ(略)について109 最近の記事 その39

では続きです。

まずは、

>最後の巨大市場アフリカに出遅れた日本人、先見の明あった中国人
 http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-2739.html
 (12/29)

まず大前提として、中国がアフリカ諸国に行っている支援には、従来から幾つか
の問題点が指摘されている。

①中国の援助は対象国の政治的、人道的な問題がある国家にも行われて
 いる。

②援助の大半が「ひも付き援助」、簡単に言えば中国企業への発注の義務
 付けや石油採掘権の独占とセットになっている。 
 (日本のODAは90%以上が「ひも無し」である)

①については、人権問題が指摘されているアンゴラや、汚職問題で揺れるケニア、
更に人権問題で内乱が起きたとして国連制裁まで議論されたスーダンにも武器輸
出を含む援助を行っており、今年六月には

>クリントン米国務長官は、アフリカ三国歴訪の際に、アフリカ諸国は外国政府と
 投資家による「新植民地主義」を警戒すべきであると述べた。ロイター通信は、
 この発言では中国を名指しで挙げることはなかったが、明らかに中国をほの
 めかしていると分析している。
 クリントン長官は、中国政府によるアフリカへの援助・投資は常にアフリカの人
 々の利益を考慮しているものではないと発言し、透明性と政治との関わりは、
 必ずしも国際基準に沿うものではないことを指摘した。 


 (中略)

 米VOAの関連報道によると、中国のアフリカでの投資プロジェクトは主に中国人
 を雇うものであり、現地のアフリカ人の採用は少ない。
 米戦略・国際問題研究センター(CSIS)アフリカチームのジェニファー・クック
 主任は、VOAの取材に対し、「アフリカとの経済関係のなかで、米国にとって確
 かに中国はライバルだが、その一方で米国が憂慮していることは、中国がアフリ
 カのエリートだけと接しており、これらの諸国の発展や、人権、経済活動による
 影響などには関心を持っていないことだ」と指摘した。


ソース
http://www.epochtimes.jp/jp/2011/06/html/d75220.html

というニュースも報道されている。

また②は上記した通りだが、結局中国政府が出した資金は中国企業の懐に入る事に
なり、現地には建設された建物は残るものの現地の企業は参入できず、資源の場合
は中国だけが採掘権を独占し、国内での消費や輸出に用いることも出来ない状態に
なる。

事実、ギニア湾岸のガボン共和国では中国人による開発が原因で、地元の商店が
損害を受け、また国立公園内にも拘らず杜撰な開発による環境破壊が進み、地元
では中国人は忌み嫌われている。

ソース
http://www.youtube.com/watch?v=RruW0aU9J1k
http://www.youtube.com/watch?v=f1FoFTaSzUk

※因みに昨年、ブログ主のシンパの一人である神父ソン氏がこの動画を持ち出し
 当方に噛み付いてきたが、その主張は

>ごめん。その3つに関しては中国人がやっていることを書いただけ。
 ただ、日本人も中国人も朝鮮人もほとんど見分けつかない上に性質も似ているか
 ら根元はほとんど同じだと思う。


という屁理屈で「中国人に対する非難」を「日本人に対する非難」に拡大解釈した
ものだった。

議論が行われたスイーツ(略)の記事
http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-1356.html


ついでに、中国人のアフリカでの問題行動については、スイーツ(略)でも言及されて
いるのだが、

言及されている記事
http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-458.html
因みに投稿は2008年7月、更新が一年近く停止し記事の内容が著しく変化する前の
 ものである


それを忘れて(もしくは書いたのが別人なので把握しておらず)、自分が非難していた
ことを逆に支持するようなことを言う時点で、ブログ主の底が知れようというものだ。

---------------------------------------------------------------

ここで一区切り入れて本文だが、

>これだけ、「親日」「文化交流」を強調しながら、海外の文化を何一つ知らないのが
 鬼畜日本猿。
 「日本人に生まれてよかった」と言い聞かせる為に一方的な「日本文化」の押し付け
 と、「日本ブーム」「和食ブーム」を捏造し、「貧乏なロシア人は日本製品を欲してい
 る」「東南アジア」「アフリカは貧乏」と真実を伝えず、他国を見下し、他国の現状を
 教えない情報隠蔽国家。


上記したように、資源調達などの自国の目的のために手段を選ばず、他国だけでなく
支援した党のアメリカ諸国から出すら非難されているのは日本ではなく中国であり、
それを捏造だ、情報隠蔽だと騒いだところで誰がその言い分を認めるだろうか?


それに、

>他国を見下し、自分達が一番幸福で裕福であると妄信する鬼畜日本猿ゴキ。
 ならば一度糞田舎の軽トラでパチンコ屋に乗り付けて、泥や堆肥のついた長靴や
 作業着着てパチンコ打っている連中の画像を数十枚鑑賞しろ。
 家で2ch、オナホールでオナに、不細工な両親、兄弟で鍋に箸突っ込んで、醤
 油ぶっかけて、味噌汁啜っている平均的な日本猿の家族集合写真を見ろ。
 「日本が文化的、精神的に成熟し、海外から尊敬させる国である」というのは大
 嘘。
 文化的に乏しく、欧米文化が無ければ生活も、娯楽も無くなるほどの、不幸、地
 獄、虐め、横並び、過労、社畜、奴隷人生で、途上国より「非文化的」な生活を
 しているのが日本人。


と極端かつ言い掛かりも甚だしい例を以て日本貶めたところで何の意味もないし、

>都市部、富裕層、エリート、多言語使用者には全く相手にもされないボランティ
 ア集団が、田舎、無収入、貧乏人相手に「折り紙」「太鼓」「盆踊り」そして、
 一方的な「親日」認定による国際交流(費用は日本側持ち)を40年も続けてい
 るのが悪魔鬼畜日本サルゴキ。


 (中略)

 アフリカが真っ裸でヤリ持って、キリンや像を追いかけていると思っているのは
 大間違い。現地人は「フランス語」「英語」「ドイツ語」「ポルトガル語」を
 流暢に話し、世界各国の放送が見れる衛星放送で世界中のニュースや映画を鑑賞
 する日本人とは比べ物に成らない程文化的生活をしている。
 

とブログ主は言うが、アフリカで今現在も、全人口の半数以上が1日1.25ドル未満
で生活をし、29%が栄養不足であり、小学校就学率は74%、全世界のHIV/エイズ
感染者のうち約68%(約2250万人)を占め、、難民・国内避難民の約4分の1をア
フリカが占めるというのは厳然たる事実だし、支援は資産を持ち富み栄える者
ではなく、そういった飢えに苦しむ人々の為にあるべきだ。


そして日本は、ひたすらに自国の利益のみを追求し、援助対象からも非難される
中国とは異なり、それらの問題を解決するための支援を行っている。


それを、

>所が、天下り、利権に集る鬼畜日本猿ゴキは日本国民に「真実」を伝えず、未だ
 途上国を「劣等」と日本人に植え付け、「国際援助」「国際交流」と、ネットで十分
 に紹介できる日本文化すら、現地に態々醜く、日本の悪口しか伝えない鬼畜日
 本猿ゴキ集団を税金で送りつけ、そして「コスプレ」やら「アニメ」の紹介をし、現
 地のエリートや大学生に「日本人ってこんなに醜くて劣等なのか」と、逆に「日本
 人のイメージを失墜」させ、さらに「日本嫌い」「反日」「侮日」外国人を生産し続
 けている。


と貶める行為こそ非常識極まりないものだ。

で、

>日常雑貨から、自動車部品、パソコン、建築機材と世界中から中国に人が集まっ
 ている。出身国もスーダンやら「経済が存在するのか?」と思ってしまう国から
 多数来ている。
 そんな国々でも実際に行って見ると、家はボロくても家の中に入ると、テレビ、
 DVD、エアコン、パソコンが全て揃っているのが途上国。
 海外を知るのは難しい。何年居ても全てを知るのは不可能。それでも行ったのと
 行かないのでは全く違う。

というが、飢えに苦しみ、日々の糧すら満足に得ることが出来ない人々がDVDやエ
アコンを持っていたとして、何の意味があるだろうか?

そして、インターネット上ですら幾らでも転がっている情報も長せず、自分の妄想を

>鬼畜日本猿ゴキは利権や癒着から抜け出し、修学旅行など止め、希望する学生
 は「一人」で南米でもアフリカにでも送り出し、単位を認めるべきだ。
 一部人間の利権と癒着、そして彼らシンパの「詭弁」「レッテル付け」「権威主義」
 発言により言論弾圧されm発言の自由すら奪われ、不幸にされているのが日本
 人の大多数。
 日本人が如何に不幸で、醜く、劣等な生活を送っているのか、それを悟らない限
 り、日本人の容姿、内面の醜さ、娯楽、幸福の欠如、いじめ、イビリ、嫌がらせ、
 強制、横並びの社畜、奴隷生活は解決されない。
 人類史上初めて「自国民の醜さ」から自滅する運命にある鬼畜日本猿ゴキ。
 民族滅亡の危機である「滅族」を回避する為にも、日本人は海外の事象、現代文
 化、生活を実際に現地で体験するべきだ。
 神が罪人として生まれてきた鬼畜日本猿に科した「枷」である「奇形地獄」と「O脚」、
 その神の呪いと天罰から解放される為にも神の創作物である「美女」を敬わなくて
 は成らないのだ。


と書き連ねる輩が評価されないのは当然の帰結だろう。

---------------------------------------------------------------

取り飢えず此処まで。

スポンサーサイト

2011-12-29 19:53 : スイーツ(略)の記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ロン・セガン

Author:ロン・セガン
「昼は専門学校生、夜はサラリーマン」の二足の草鞋で奮闘する三十路男。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。