スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

スイーツ(略)について112 最近の記事 その42

続きです。

>差別主義の白人よりも悪質な日本人
 http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-2743.html
 (12/31)

まず引用文だが、以前の記事で指摘したように、

中国の援助
人権問題や紛争など、問題を抱えた国にも武器輸出を含む支援を行う。
 支援の大半が「ひも付き融資」であり、中国系企業への受注や、採掘権の独占が
 義務付けられている。
 また、現地での労働力も現地人ではなく中国人を雇用し、現地の環境を省みない
 開発や作業を行うため、結果として中国からの支援を中国企業が回収するという
 「資源吸い上げることだけが目的」の「現地に金が落ちない」支援を行うため、
 一部の国では中国人に対する拒否感情も出ている。

日本の援助
以下、外務省HPのQ/Aより引用
アフリカは現在も深刻な貧困、紛争、難民、感染症等の課題を抱えており(注
 1)、国 際社会の大きな懸念事項となっています。そのため、我が国の支援
 の根底にはまず、「アフリカ問題の解決なくして21世紀の世界の安定と繁栄は
 なし」という考えがあります。アフリカの抱える問題は、国際社会全体として
 取り組むべき課題となっており、日本は責任ある国際社会の一員として積極的
 にその役割を果たすべきであると考えています。
 アフリカの抱える問題の中でも、テロや犯罪、感染症、環境問題等の課題は国
 境を越えて影響を及ぼすことが考えられ、それらへの対策としての意義もありま
 す。

 注1
 サブサハラ・アフリカの全人口の半数以上が1日1.25ドル未満で生活をし、全人
 口の29%が栄養不足、小学校就学率は74%、全世界のHIV/エイズ感染者の
 約68%(約2250万人)、難民・国内避難民の約4分の1をアフリカが占めるという
 のが現状です。
 また、全世界で49カ国の後発開発途上国(LDC)のうち、33カ国がサブサハラ・
 アフリカに集中しています。アフリカが抱えるこれらの問題に対し、国連安保理の
 議題の約6割、国連平和維持活動(PKO)の予算・人員の約7割が割かれていま
 す。(国連PKO16ミッション中、7ミッションがアフリカで展開)。


これのどちらが正しいか一目瞭然ではないだろうか?
それに上記したようにアフリカでは未だ貧困や飢餓に脅かされている地域が多く
それらの地域を対象として支援を行う日本に対し、中国と商売が出来るだけの私
財を持つ、つまり援助など無くとも生活出来るの意見を取り上げ「日本の援助は
間違っている」と論じたところで、何の意味も無いだろう。

そんな事情を省みず、

>無知で奢った日本人にとって、これまでアフリカやアジアの後進国の人間とは、
 あくまで「憐み」を注ぐ対象でしかなかったのでしょうか?
 彼らは「物欲」や「金銭欲」なんか持たぬ、素朴で無知で愚鈍な存在とでも
 思い込んでいたのでしょうか?


>その傲慢で一方的な態度による「憐み」を注ぎ続けてきた対象が、いまや経済的
 に豊かになり「欧米的な文化や生活水準」を当然のように求めている。
 彼らには「押しつけがましい」「質素な」日本文化など微塵も必要とされてい
 ない。
 彼らはそんなものに魅力や価値などべつに感じてはいない。
 日本人特有の、歪んだ劣等感に根差した反欧米的な精神論、被害妄想的
 選民思想を、白人に虐げられた歴史をもつ貧しい彼らとなら共有できるとか、
 彼らにこそ、世界の中で特別に優れている(と思いたい)日本人の美徳を授
 けたい、とでも目論んでいたのでしょうか。
 彼らの事を「遅れているから」保護し啓蒙する対象としか見ていなかったので
 すね。


と言うこと自体、現実を認識できない愚か者の戯言ではないだろうか?


で本文だが、

>文化とは、意識できないほど自然に溶け込むもの。
 余りにも当たり前すぎて、アメリカ、イギリス、フランス、イタリアの文化な
 ど日常化している。
 日本文化も同じで、「恩」を着せる必要はない。
 ところが鬼畜日本猿ゴキは海外で「日本食材店」が一軒できただけでも「日本
 食ブーム」といって騒ぐ。
 あの中国人ですら「中華料理店」が出来た位で「中国料理ブーム」とは言わな
 いし、騒がない。


というが、それは他国の文化に対して寛容であり、且つ複数の文化が並立しても
それらが混濁することなくそれぞれの形を保つことが出来る、日本という国家の
文化的風土の寛容さによるものではないだろうか?
例えば南米の文化をヨーロッパに何の前触れも無くそのまま持ってくれば奇異に
感じるだろうし、その逆もまた然りだろう。

それに、中国人は既に華僑という形で世界各国に移民しチャイナタウンを形成し
ており、異文化とは言えその国の一部として根付いているものなのだから、中華
料理店を開いたところで何ら話題にはならないだろうが、日本文化の場合はその
ような素地がある訳でもなく、また日本が先方の国に文化を紹介したわけでもな
く、先方の国で日本文化が勝手に受け入れられた(フランスのジャパン・エキス
ポなどその最たるもの)のだから、そこにはれっきたる差異があるといっても問題
ないだろう。


で、

>なのに日本人だけが大人に成りきれない。酒、味噌汁、和食をことさら自慢し、
 「欧米人に大和魂は理解できない」「欧米人に日本の伝統文化を変えられたく
 ない」と「すしポリス」という飲み食いし放題の組織まで作り出す。

と言うが、この制度は別段問題の有る店舗に是正を促すのではなく、逆に問題の
無い店舗に「お墨付き」を与えるだけのものだ。

そして、この制度が提案される元となったのが、世界各国で「日本食」の看板を掲
げながら、実際は「ナンチャッテ日本食」を出し、衛生的な面でも問題がある料理
店(その大半は中国人、朝鮮人の経営)が多いためである。

それを曲解し、

>「すしポリス」という飲み食いし放題の組織

と論ずること自体、ブログ主の知識の無さを露呈させるだけの愚考でしかないだ
ろう。


更に、

>鬼畜日本猿ゴキは相手の事等何も考えていない。考えているなら海外で平和活
 動や、折り紙、盆踊り、太鼓叩きなど何十年もできない。

>途上国の人間など犬、ネコに餌をやる程度としか考えていない、それが鬼畜日
 本猿ゴキの本音。
 その傲慢さが、鬼畜日本猿ゴキの「文化的生活水準」が途上国より劣る逆転現
 象を生んだ。
 保々無料で欧米の映画、ドラマが手に入り、ラジオ、テレビから欧米の最新曲
 がガンガン流れる途上国の環境。そして100チャンネルを越える無料の世界
 各国の衛星放送。
 「貧乏」と教え込まれていた「アフリカ」の人間ですら欧米主要言語6各国+
 イスラム教とに成るとアラビア語と現地語を流暢に話す。
 欧米の情操教育、子供番組、映画、ドラマ、アニメの影響で貧困層までかなり
 の割合で「民度の向上」が年々高まっているのを感じる。
 恥ずかしい、醜い、低俗は鬼畜日本猿ゴキだけだ。
 例えアフリカに行っても鬼畜日本猿ゴキは「劣等民族」にしか見られない。


といつものように「お前らは劣っている」と論ずるわけだが、上記したように貧困や飢
餓に見舞われている国で映画やドラマ、更にはTV放送が手に入ったとしても、人々
はありがたがるだろうか?(まあそれ以前に貧困にあえぐ人々の下に映画やTVが有
る事自体疑問だが)

それに、欧米主要言語というと、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル
語、ロシア語で六カ国といったところだろうが、余程世界各国を飛び回る人間でも無
い限り、これだけの言語を話す人間などいない、と思うのは当方だけだろうか?
(通常は現地の言語と旧宗主国の言語が共通言語となるはず)


また、トルコやブータンについての論は、

>イギリスBBCの調査によるとトルコの65パーセントは日本に親しみを感じてい
 ない。

2011年度版の調査では、

トルコ→日本
肯定:64%、否定:21%

参考ソース
http://news.bbc.co.uk/2/shared/bsp/hi/pdfs/05_03_11_bbcws_country_poll.pdf

なのだが?

因みに過去のデータを並べると

2006 肯定:42%、否定:12%
2007 肯定:51%、否定:17%
2008 肯定:56%、否定:29%
2009 肯定:30%、否定:47%
2010 肯定:34%、否定:35%
2011 肯定:64%、否定:21%

※2009年~2010年の好感度悪化は、新潟県柏崎市の施設に寄贈されたトルコ
 建国の父・ケマル・アタチュルク初代大統領の銅像が放置されていた件によるも
 のと考えられる。
 (その後銅像はトルコと縁の深い和歌山県串本町〔エルトゥール号遭難事件の
 現場〕に引き取られ、日本・トルコの関係も修復された)
 
 参考ソース
 http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-3273.html

と、否定的な意見が六割を超えた事など一度も無いのだが?


また、

>ブータン国王は「日本だけが好きなの」?
 ブータンに寄付されて、ブータン人は我々の国が好きだ!と騒ぐ国があるの?
 100万ドルの寄付で、その100倍も1000倍もブータンは利益を得ると
 考えられない?
 国王の演説も、日本人が喜ぶ内容を研究した上で、別の人間が書いたのを国王
 が読んだだけだろ?
 ネット右翼がブータンを持ち上げるのも、韓国叩きをしたいだけだろ?

ブータンは何の見返りも無く援助を行ったが、韓国は援助と引き換えに教科書問
題の譲歩を求め、適わないと見るや集めた募金を国内の別用途に転用した。

ブータン国王は結婚後の最初の外遊で日本を訪問し、「いかなる国の国民も決し
てこのような苦難を経験すべきではありません」とした上で、「しかし仮にこのよう
な不幸からより強く、より大きく立ち上がれる国があるとすれば、それは日本と日
本国民だ」と語り、ブータンの言葉「ゾンカ語」で祈りを捧げた。

一方韓国は、震災後一月で「日本は原発事故の賠償をしろ」と難癖をつけた。
また「日本の大地震をお祝います。」といった非常識な垂れ幕を何の関連も無いス
ポーツの現場で掲げた。

ついでに簡単な比較だが、

GDP
韓国
:9,470億US$
ブータン
:13億US$

韓国/ブータン:728倍


東日本大震災の援助額
韓国
:5,375万US$ (1US$=80円で換算)
ブータン
:100万US$

韓国/ブータン:54倍

GDPでは700倍以上の差があるのに、援助額はたった50倍程度しか変わらない。
更に上記のような厄介極まりないことばかりする国に好意を持てなど、ブータン
どうこう以前に無理だと思うが?

おまけ 震災後の韓国の反応をまとめたページ
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4393.html

というか、そもそも何でブータンの評価が上がる→韓国を非難したいためだ、と
いうこじつけになるのだろうか?
今回のフジテレビの騒動は非難されて当然(幾らコメディアンでもやって良い事
と悪いことがある)だが、それを取り上げながらブータンたたきに懸命になるブ
ログ主のほうが、余程みっともないだろう。

---------------------------------------------------------------

取り敢えず此処まで。

スポンサーサイト

2012-01-03 20:38 : スイーツ(略)の記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ロン・セガン

Author:ロン・セガン
「昼は専門学校生、夜はサラリーマン」の二足の草鞋で奮闘する三十路男。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。