スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

スイーツ(略)について138 最近の記事 その68

続きです。

今回は、同じ内容(と言うかどう見ても水増し)の記事を2つまとめて。

>全方位で世界を憎しみ続ける鬼畜日本猿!
 http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-2802.html
 (2/19)

>鬼畜日本猿の生活環境、それは人間世界の生き方ではない
 http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-2803.html
 (2/19)

合いも変わらず内容が雑多なので、個別に指摘していくと

①日本人差別の映画について
まず大前提として映画云々の意見は、yahoo知恵袋の質問の回答の丸写しである。
そして、一つ目の記事のタイトルは日本→憎しみ→世界であるが、引用文の内容は、
明らかに欧米→憎しみ→日本だ。

また「グレムリン」シリーズや「バックトゥーザフューチャー」シリーズが作成されたの
は日米貿易摩擦絶頂期の1980年代(アメリカの労働者が抗議活動の一環として行
った日本車を破壊を見た人も多いはず)で、この社会状況では日本人を悪役、敵役に
設定するのは、何ら不思議ではないだろう。

また「ティファニーで朝食を」で日系人「ユニオシ」を演じたミッキー・ルーニーは後に
「ユニオシの演技で気分を害する人があることを意識していたらやめていただろう」と
語っているし、「猿の惑星」「戦場にかける橋」の原作者であるピエール・ブールに至
っては、実際に彼を捕らえ収監したのが日本軍か当時の親独ヴィシー政権下のフラ
ンス軍であるか諸説あるのに、一方的に日本が悪いと論じるのは片手落ちというもの
だ。
というか、映画の内容云々で、その製作に関わった一個人の主義主張まで論じるなど
短絡の極致ではないだろうか?

それに、

>クワイ河に日本人が観光に行きイギリス人やオランダ人に会うと現在も、第二次大
 戦時のことで因縁を付けられます。


というが、これこそ負け戦を認めることが出来ない敗者の戯言、言い訳に過ぎないだ
ろう。


②「バターン死の行進」について
前提条件として、旧日本軍のフィリピン進攻作戦、特にバターン半島における状況
としては次の点が上げられる。

米軍は日本軍に追われ撤退する際、人影があれば撃ち殺し、村があれば機銃掃射し
 現地住民を皆殺しにしていた。


米軍が降伏した当時の捕虜数はフィリピン人の同行者も含めると約76,000人であり
 これは25,000人という日本側の予想を大きく上回っていた。


降伏時点で、日本側に利用されることを防ぐため多くのトラックが破壊されたが、
 破壊しなかった部隊ではそのトラックで捕虜の輸送が行われた。


補給線が乏しい日本軍の食料は底を突いており、また捕虜となった米軍の状況も、
 似たようなものだった。


当時の戦場では日米共にマラリア、デング熱、赤痢が蔓延しており、捕虜の中にも
 感染者が多く、その多くが途上で命を落とした。


当時、現地の日本軍で指導的立場にあった辻政信中佐が独断で「アメリカ人兵士は
 白人であるから処刑、フィリピン人兵士は裏切り者だから同じく処刑しろ」と扇動にも
 等しい命令を発したが、現場の兵士はこれをいぶかしみ、書面による確認を求めたり
 逆に捕虜を釈放した事すらあった。


とまあ、日本軍の対応に問題が無いとはいわないが、自分達で勝手にトラックを破壊
しておいて「日本軍が悪い」と言うのはちょっと矛盾しているのではないだろうか?


それに元来の日本の捕虜収容計画は、想定された人数であれば、当時日本が確保して
いたトラックで鉄道で移動可能な地域までの輸送が可能だと考えられた合理的なもの
であり、更に中継地ごとに野戦病院や休憩所を設置することまで計画されていたのだ
が、この文章を書いた人間はその辺を知っているのだろうか?

そして何よりも、日本が捕虜に対する虐待、虐殺を計画していたのであれば、わざわざ
100kmも離れた土地に移動せずとも、その場で全員殺害するか、または何処か一箇所
に押し込め、食料も与えず餓死させればよい筈なのに、実際は物資運搬の要である鉄
道まで使って捕虜の輸送を行っている。

これらのことから、この一件を以て「日本人の残酷さ」とやらを語ることは出来ないと思
うが、どうだろうか?



③日本人の児童買春について
毎度の事だが、ある日本人一個人や一部の集団の行為を取り上げて「日本人とは
何と悪辣な連中だ」と論じている訳だが、確かにやった当人は責められてしかるべ
きだが、それ以外の人間を人括りにして「日本人は~」と論ずることのほうが悪辣
極まりない印象操作ではないだろうか?

ついでに、1つ面白いデータを反証としてあげておこう。

>東南アジアにおける児童買春(売春)による外国人逮捕者の国籍とその数
 (2007年)
 2007 ASEAN CHILD-SEX TOURISM REVIEW

 http://www.paradisearmy.com/doujin/child_sex_tourism_review.htm

ちょっと古いデータだが、2007年に発表された東南アジア九カ国での外国人旅行者数
と、児童買春逮捕者数(全ての国ではない)を提示したものだ。

まあ、引用先でも明記されているように、

>このデータ自体は、サンプル数があまりに少なくて、有意なデータとは云い難いも
 のがあります。
 さすがに年間の外国人逮捕者が1桁は少なすぎますし、仮に逮捕者がその数で
 あっても、実際に違法行為を行っている外国人の数は、桁が2つ3つ上でしょう。


という代物だが、特筆すべきはこれまた引用先でも明記されているが、

>ただしこうした断片的なデータでも見えてくるものがあります。 それは日本人の
 逮捕者が、少なくともこのデータでは一人もいないこと。 一方で 「日本は児童
 人権侵害大国」 だと非難するアメリカ人は、逮捕者とその国籍を発表している全
 ての国で逮捕者が出ていることです。 


という点だ。

また前回の記事でも引用したイタリアの児童保護団体テレフォノ・アルコバレーノに
よる2009年度版の調査結果でも、日本より欧米諸国のほうが、児童ポルノのサイト
や閲覧者が多いのは厳然たる事実だとして示されている。

このような現実を、ブログ主や投稿文を書いた人物(いれば、だが)はどのように受
け止めているのだろうか?



④で、本文。
>結論から言えば、鬼畜日本猿が「醜い限り」「容姿的自信を持てない限り」永遠に、
 全世界を相手に誹謗中傷を繰り返し、自分達の醜い姿を誤魔化し、精神の安定を保
 つ為に、韓国人、欧米人を叩き続けるのです。

と言うが「日本人が醜いから美しい欧米人、韓国人を非難している」という主張自体
自体が「根拠すら提示できないブログ主の妄想」であり、それを根拠に物事を語った
ところで、何の意味も無いだろう。


それに、

>もし、「スピルバーグを反日」と決め付けるのなら、「日本人は親何国」なのでし
 ょうか?
 鬼畜日本猿に「好きな国」など存在しないのです。醜い自分のコンプレックスを刺
 激する全世界を憎しみ、白人を怨み自分達の文化、精神、思考、習慣、食生活が「
 世界一」であり、「中心」と考えている。
 そして、海外で日本文化が少しでも改変されれば「欧米人に日本文化は理解できな
 い」「欧米人は味音痴」と欧米人叩きを始める。
 逆に、日本人が欧米の文化を利用し、改良を加え、改変した欧米文化を日本人が使
 用するのには全く抵抗が無い。

と言っているが、ユダヤ系米国人であるスピルバーグ監督が親日であれ反日であれ、
それが日本がどの国と親しいかに影響を与えるわけもない。
また程度の差こそあれ、自国の文化に誇りを持つのは何ら悪いことではないし、例え
ばカリフォルニアロールやテリヤキ(日本の「照り」をつける「照り焼き」とは違い甘口
の醤油ベースのたれで味付けした焼き物料理)など、海外で従来の日本食と異なる
アレンジをされた食品など幾らでもあるが、それに対して日本が文句を言った事例な
ど聞いたことが無いし、以前ブログ主が槍玉に挙げていた「寿司ポリス」は、衛生面で
問題が無いかを確認し、問題の無い店舗にお墨付きを与えるだけの制度で、別にアレ
ンジを排除するものではない。


⑤イチローの件について
>たった70レスをまとめてもこれだけのアメリカ人に対する偏見と中傷。
 因みにこのスレッドは1000レス埋まっている。
 全世界をうらみ、全世界を敵に回し、全世界の民族、そしてアメリカ、イギリス、
 ロシア等の超大国に対しても誹謗中傷をし続ける悪魔民族。


「まとめた」と言いながら、70個の書き込み(既に1000レスに到達していると言うの
であれば1000個の書き込み)からたった12この書き込みを取り上げ、それを以て

>猿の惑星の猿なんて甘すぎるwwwwwwww、こいつ等はグレムリン、悪魔、悪
 霊に相当する基地外民族。
 未だに欧米を怨み、「人種戦争」を続け、「異文化」を知ろうともせず、日本文化
 の押し付けにより「日本人は海外で人気がある」と国民を洗脳する悪魔国家。
 鬼畜日本猿は「弱み」を握れば、相手が潰れるまで付け込む悪魔。

と論ずるブログ主の言い分こそ、ブログ主自身がいつも批判している「レッテル貼り
」そのものではないだろうか?
そして現実から目を逸らし、意地でも「日本が悪い」と言い張るために、

>途上国に日本語学科を作る、そして「日本語学習」から抜け出せなくなった学生に、
 「盆踊り」「太鼓」「日本文化交流」に嫌でも参加するよう仕向ける。
 そして現地に「日本語学習コロニー」を作り、日本語学習者の家族との交流、ホー
 ムステイできる環境を作る。
 何も知らない「国際貢献馬鹿」をそのコロニーに送りだし、「海外では日本文化は
 人気」「日本人は人気」と思わせる。当然「コロニー」外では誰にも相手にされな
 いのだが、文化交流活動は保々日本語学習者の中で行われ、コロニー外の世界
 を知らずに日本に帰国する。
 日本語学習者には「大使との面接」という脅迫、弱みを作り、「日本文化が好きで
 す」「アニメが好きです」「日本のサブカルチャーに興味があります」「日本との
 架け橋に成りたい」と無理やり言わせる。
 そして、まるで日本の盆踊りや、コスプレが世界中で人気であるかの様に日本国
 内の日本人を洗脳する。
 そこに、アニオタ、2次萌え、幼女愛好者が「翻訳ブログ」等を作り、海外での日
 本のサブカルチャーへの「反応」という、周りの目を気にする鬼畜日本猿の「ツボ
 」をついたブログ連を製作した。
 たった1%以下の人間が日本に興味を持たせる為に99%の人間に不快感を与える
 「文化活動」「文化の押し付け」をする鬼畜日本猿。
 そして1%以下の人間の声をまるで「世界の声」の様に伝える嫌韓利権ネットワー
 ク及び、「海外の日本への反応ブログ」。
 まさに、汚濁文化の世界文化汚染、世界文明の退廃という「生物化学兵器」である
 「鬼畜日本メス猿」「世界貢献馬鹿」「海外の日本への反応ブログ」を垂れ流しに
 する鬼畜国家日本。


と、自分の妄想を書き連ね、他人を貶めるブログ主こそ「悪魔」の名が応しいのでは
ないだろうか?

--------------------------------------------------------------

取り敢えず此処まで。

スポンサーサイト

2012-02-26 22:11 : スイーツ(略)の記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ロン・セガン

Author:ロン・セガン
「昼は専門学校生、夜はサラリーマン」の二足の草鞋で奮闘する三十路男。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。