一つ前の記事で取り上げたものと同じくげろ氏の戯言なので細かくは言及しないが

>人権やプライバシー、人間の尊厳や誇り、友情や人間愛、公平性や平等、自由の
 観念を否定し、自分自身が優越感を感じたいという究極的に醜い利己主義のため
 に他人を利用し、侮辱し、支配し、奴隷化し、傷つけ、殺害しようとするために
 どこにでも出没する。
 ストーカーとかやってるの、みんなネット右翼だろ?


と毎度の如く何の根拠も提示せず「自分達に都合の悪い主張をする連中はこんなに
悪いことをしているんだ」と喚き散らしたところで、嘲笑されるだけではないだろう
か?

--------------------------------------------------------------

次は、

>やたら日本を持ち上げて馴れ合う日本人
 http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-2879.html
 (3/24)

引用に対して個別に突っ込んでいくと、

>俺が嫌なのは日本の欠点や問題点を見ずに
 やたら日本を持ち上げて馴れ合うところ。


確かブログ主も「何故韓国が批判されるか?」という点について一切言及も考察も
せず、「韓国人を差別する日本人が悪い」と連呼していた筈だが、合いも変わらず
「自分の言動は棚上げ」なのだろうか?


>何と言うか最近、ネットの中でも外でも、上司や指導者、政治家や経営者といっ
 た人について、そういうタイプの人間を「あるべきリーダー像」のように称揚す
 る傾向が強くて、何とも嫌になる。


前提として「上司や指導者、政治家や経営者といった人」は何だかの分野において
成功し実績を上げているからこそ、その立場にあるわけで、その前例やら成功例に
学び物事を進めるよう指導することの何処に問題があるのだろうか?
それに、上記したように実績のある上司、年長者の発言と、実績の無い若手の発言
のどちらに信頼が置かれるかは論じるまでも無いだろうし、上の人間からの指示に
疑問を抱いたり問題視するのであれば、ただ反論するのではなく、実際に指示され
た作業を行ったうえで、具体的に何がどのように間違っているか明示すれば良い話
(その時点で問題の原因と対策まではっきりさせることが出来れば万全)であり、
それすら出来ず、ただ「俺に指示するな」と言いたいだけのガキの戯言など、社会
人の価値観では誰も認めないだろう、


>考えることが面倒なんだろうな。
皆で同じ事を建前で合唱してれば敵も出てこないし

(中略)
みたいな事言うのも本質を見て考えることから逃げているのよ。

ま、自説をごり押しするために自分に都合の悪い意見は「洗脳」だの「言論統制」
だのと言い掛かりをつけ、肝心の論自体には一切言及せず否定しようとするブログ
主がこんなこと↑言っても、虚しいだけだよな。


--------------------------------------------------------------

続いて、

>偽善者持ち上げて偽悪者を徹底的にリンチする国
 http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-2880.html
 (3/24)

いい加減面倒臭いし、内容も支離滅裂なので言及しないが、ブログ主は「社会世評」
という看板を掲げて物事を論じようとしている割に、そのサンプル、と言うか引用元
としているのは、大半が

日本人だけど、日本のここが嫌い

という2chのスレッドからの抜粋である。

関連サイト
社会、世評@2chまとめサイト
(「これほど醜い~」まとめサイト内でブログ主が該当スレをまとめたもの)
http://handicap.scenecritique.com/syakaisehyou.html

此処までくれば勘の良い方は分かると思うが、ブログ主のやっていることは社会世
評でも何でもなく、以前都合の良い書き込みだけを抜粋し収集していた情報を小出
しにして、それを「社会世評」であると論じているだけなのだ。

大体、複数の引用元から情報を集め、その整合性を論じるならともかく文責不要、
匿名書き込みが可能な2chの書き込みを一方的に真実だと論じるなど、片手落ちに
も程があるのではないだろうか?


--------------------------------------------------------------

取り敢えず此処まで。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ロン・セガン

Author:ロン・セガン
前職退職後、再就職先から業務関連の資格取得を打診されて、数年間の専門学校通いを経て、無事正規採用で再就職した三十代男性
(以前、粘着してきた馬鹿がいたので断っておきますが上記画像の模型の製作者とは別人です)

ツイッターアカウント
https://twitter.com/jipangbito

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード