スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイーツ(略)について189 最近の記事 その119

まいど、はんろんまんです。

世の中では小沢の新党結成やらなにやら色々と騒がれていますが、皆さん如何お過ごし
でしょうか?

当方は今日も休日出勤でしたが、作業が意外に速く進み午後七時過ぎに帰宅できたので
本来は明日行うはずだったブログの更新を行います。
(因みに明日も更新するかも?)

というわけで、いつものヤツです。
まずは日本人関連のものをまとめて。

>日本人はまるで動かぬ死体に群がるだけの目玉も手足も無い蛆虫みたいな物
 http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-3028.html
 (6/5)

>日本人は容姿もだめでおまけに頭悪い
 http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-3030.html
 (6/5)

こんなことを言う人間が「私は人種差別などしていない」と言い張るのだから、ブログ
主の言に信頼が置けないと考えられても、仕方が無いだろう。

--------------------------------------------------------------

次は、

>何にでも「がんばれ」と言うが、もはやコレは「苦しめ」にしか聞こえない。
 http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-3029.html
 (6/5)

タイトルで

>何にでも「がんばれ」と言うが、もはやコレは「苦しめ」にしか聞こえない。

と言っているわけだが、これ、単に「自分は努力なんて面倒臭いことはしたくない」
というブログ主、及び賛同者の意思の表れではないだろうか?

努力する、頑張るというのは一般に現状で実現が困難な対象に対して必要なこと(対象
が努力せずに容易に達成可能であれば努力の必要性すらなく「がんばれ」とは言われな
いだろう)であり、それが「がんばれ=苦しめ」というふうに聞こえるのであれば、それは、
自身の努力や苦労を全否定し、何の労苦も無く目標を達成したいという怠け心の表れで
はないだろうか?

それに毎度の事だが「日本は~」と言いながら、それに相対するデータである日本以外の
国の状態に一切言及せず、只「日本の△△が悪い」と言い張ったところで、何の説得力も
無いだろう。


--------------------------------------------------------------

続いては毎度の如くカルビ氏を名指しで喚き散らしているものをまとめて。

>3年前から管理人に嫉妬して毎日自演している爆弾テロリスト51wwwwwwww
 www

 http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-3031.html
 (6/6)

>スレッドに必死に粘着しているのはテロリスト51wwwwwwwww
 http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-3042.html
 (6/9)

いつもの事なので深くは言及しないが、「自演」と「粘着」という二つの言葉で証拠の提示
すら無く「カルビが~」「糞ハゲが~」と言っても「また馬鹿が何か言ってるよ」という憐憫
と嘲笑の目で見られて終わりではないだろうか?

--------------------------------------------------------------

次は「日本の食物」についての記事をまとめて。

>日本人が日本人を駄目にした
 http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-3032.html
 (6/7)

>味噌汁が脳味噌に悪いとは…
 http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-3036.html
 (6/8)

>(空白)
 http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-3038.html
 (6/9)

>日本に住んでいたらペットまで馬鹿になる
 http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-3039.html
 (6/9)

>結局 この問題も化学調味料の影響が!
 http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-3044.html[
 (6/9)

「日本の食品は危ない」と連呼しているわけだが、具体的なデータや製品にどのような
添加物がどれだけ含まれているか、という証拠の提示は一切無く、ひたすら「日本の
食品は~」とレッテル貼りに等しい罵詈雑言を吐いているに過ぎない。

で、言っていることを個別に検証していくと

●日本酒

>「日本酒」を飲んで見て下さい。不味いでしょう?
 それはちゃんと良い米と綺麗な水だけで造れば美味しい酒ですよ…
 しかし大半は醸造用アルコールや化学調味料を混ぜた紛い物ばかりです。


まず大前提として幾ら良いものでも「米と水」だけでは日本酒は出来ない。
米を水に浸しただけでは米が水を吸い、やがて腐るだけなのは自明の理だ。
日本酒を日本酒足りえるには「麹」が不可欠であるということも知らん輩の言など論ずる
に値しない。

また、醸造用アルコールを混ぜる工程は一般に「アルコール添加」と呼ばれているが、こ
れは利益追求の為のかさ増しではなく、香り・味の調整や防腐効果が目的(戦後の食糧
難の時代に普及した三倍増醸清酒〔醸造用アルコール、糖類、酸味料等を添加し三倍ま
で薄めたもの〕や合成清酒〔醸造酒ではなく原料を混合することで作られたアルコール飲
料〕とは別物)である。
更にアルコール添加は近代になって始められたものではなく、旧来から製作段階の醪(
日本酒の前段階)に米焼酎を添加することで防腐効果を持たせる「柱焼酎」という工程が
行われており、コメントの書き手が言うような「紛い物」というレッテルこそが紛い物なのだ

なお、法的には「日本酒」という大まかなカテゴライズの中で、更に

○普通酒
 下記特定名称酒以外の清酒。
 白米、米麹以外に、醸造アルコール、糖類、酸味料、うま味調味料、酒粕等の副原料
 の重量が米・米麹の重量を超えない範囲で加えて造ることが認められている。

○特定名称酒
 三等米以上の白米を用い、白米の重量に対する米麹の使用割合が15%以上の清酒。
 材料、製法等により更に下記の区分がされる、
 
・本醸造酒
 精米歩合70%以下の白米、米麹および水と醸造アルコールで造った清酒。
 原酒ではアルコール度数が高過ぎるので、水で割ってあることが多い(割水)。
 そのため旨味や甘味に乏しく、一般的に味は軽くなり、すっきりしたものとなる。

・純米酒
 白米、米麹および水だけを原料として製造した清酒で、香味及び色沢が良好なもの。
 ただし、その「白米」は、3等以上に格付けた玄米又はこれに相当する玄米を使用し、
 さらに「米麹」の総重量は、白米の総重量に対して15%以上必要とされる。。
 一般に吟醸酒や本醸造に比べて濃厚な味わいで、蔵ごとの個性が強いといわれる。

・吟醸酒
 精米歩合60%以下の白米、吟醸米麹および水を原料とし、吟味して製造した清酒。
 低温で長時間かけて発酵させて造られ「吟醸香」と呼ばれるリンゴやバナナに類似し
 た華やかな香気成分を特徴とする。
 製作過程の最後に、吟醸香を引き出すために使用する白米1トンにつき120リットル
 (重量比でおよそ1/10)以下の醸造アルコールを添加する。

・純米吟醸酒
 吟醸酒のうち、醸造用アルコールを添加していないもの。
 一般に、他の吟醸酒に比べて穏やかな香り(控えめな香り)となる。

・大吟醸酒
 精米歩合50%以下の白米、米麹および水を原料とし、吟味して製造した清酒で、吟醸
 酒よりさらに徹底して低温長期発酵させたもの。
 最後に吟醸香を引き出すために少量の醸造アルコールを添加する場合もあり、味は酒
 蔵の個性が大きく反映される。

・純米大吟醸酒
 大吟醸酒のうち、精米歩合50%以下の白米、米麹及び水のみを原料とするものを純米
 大吟醸酒という。一般に、他の大吟醸酒に比べて、穏やかな香りで味わい深い。

という詳細な分類がされている。
例えば「大吟醸」だと偽って普通酒を売っていれば問題だが、これだけ詳細なランク付けが
なされ、更に添加される材料にしても風味の改善や特色付けのために行われている上に個
々人で風味の好みがあるのだから、飲んだ酒の味に文句があるのなら、純米吟醸や純米
大吟醸等を飲めば良いだけではないだろうか?


●醤油、味噌
何の具体例も無く、

>「醤油」も店先に並ぶのは紛い物だらけで丸大豆で熟成された本物は市販では皆無に
等しいです。
化学調味料を混ぜて味を整えた紛い物ばかりしか店には置いてありません。


>それにどこから仕入れたか分からない農薬まみれの米を混ぜた安い味噌を溶かして飲
んでいる。
あるいは更に手間を惜しんで化学調味料だらけのパック味噌汁を美味しそうにゴクゴク
飲んで居る。


と言っているが、そもそも醤油や味噌に添加されている化学調味料(現在では「うまみ
調味料」という単語が主に使われる)の比率は当然ながら味噌/醤油≫調味料となるの
が普通だろうし、問題の科学調味料(うまみ調味料)にしたところで現在の日本では化学
的な処理ではなく、サトウキビの廃糖蜜(糖蜜から砂糖を抽出した残渣、いわゆるモラセ
ス)を特定の条件下で微生物による分解・生成反応でグルタミン酸に変化させたものを回
収しナトリウム塩とする方法が一般的である。
(味の素は1970年代まで石油を原料とする製法で製造しており当時は健康に対する議論
 が盛んに行われていた)

更にグルタミン酸自体がコンブ、チーズ、緑茶、シイタケ、トマト、魚介類などに多く含まれ
ている物質であり、味の素などの科学調味料を摂取せずとも日々の食事で普通に人体に
摂取されるものであり、半数致死量(LD50)でも体重1kg当たり20g、つまり体重60kgの
人間で1.2kgという膨大な量を摂取する必要がある。
(味の素等でナトリウム塩になっているのはグルタミン酸単品では酸味を持つため)

因みに上記した日本酒と同じく、醤油では製品表示内に原材料「大豆」と表示されてい
るものは、無加工の大豆である丸大豆を使用していることを表し、脱脂加工大豆が使用
されている場合は「脱脂加工大豆」と表示されるようになっているが、分析および官能試
験では有意な差がないという意見が提示されているし、味噌においても大豆だけを原料
にしたものだけでなく、各地の気候や産物により米や麦等を加えることで風味をつける事
は一般的に行われており「丸大豆だけで作られた醤油、大豆だけで作られた味噌が良い
」と言うのであれば、そのような製品を買えば良いだけだ。


●だし、味の素
上記したようにグルタミン酸自体が天然由来の成分であり、科学調味料を摂取しなくと
も摂取されるものである。
また、グルタミン酸ナトリウムが有害であると言われる大きな原因である中華料理店症
候群についても、JECFA(国際連合食糧農業機関 (FAO) 、世界保健機関 (WHO) 、米国
食品薬品局 (FDA)、ヨーロッパ食品情報会議 (EUFIC)、欧州連合食品科学委員会 (SCF)
により、グルタミン酸ナトリウムが原因で無いと判定されている。

結局のところ、ブログ主とその賛同者連中は添加物=悪いもの、基本的な原材料以外に
含まれるもの=悪いもの、科学調味料=悪いもの、という一般社会でのイメージを元に
日本人叩きをしたいだけではないだろうか?



●トランス脂肪酸
確かに韓国のトランス脂肪酸摂取量が日本と比較して低いのは事実のようだが、

ソース①
http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/trans_fat/t_kokusai/korea.html

その日本の摂取量も諸外国と比べれば十分に「低い」と言える水準にある。

ソース②
http://www.fsc.go.jp/sonota/54kai-factsheets-trans.pdf

更に言えば、トランス脂肪酸が引き起こす症例の代表である虚血性心疾患による死亡率
は、OECD各国の中で日本が最低水準(男女とも上記引例のように摂取量がより少ない韓
国の値すら下回っている)である。

ソース③
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2120.html

これらの点から考えても、日本におけるトランス脂肪酸の摂取を批判するのは場違いだ
と断言できる。


●ペットフード

>更に味付けに化学調味料を混ぜるメーカーばかりでこれではペットまで馬鹿にされて
 しまいます。
 実際店には無着色かつ無添加のペットフードは皆無です。


当方はペットも飼っていないし、ペットフードには詳しくないので、この点は何とも言え
ないが、上記の日本酒や味噌、醤油にもいえることだが「皆無です」「紛い物しか店に
は置いてない」と言い張るのであれば、まずそれが本当である事を証明してからにす
べきではないだろうか?

--------------------------------------------------------------

取り敢えず此処まで。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ロン・セガン

Author:ロン・セガン
前職退職後、再就職先から業務関連の資格取得を打診されて、数年間の専門学校通いを経て、無事正規採用で再就職した三十代男性
(以前、粘着してきた馬鹿がいたので断っておきますが上記画像の模型の製作者とは別人です)

ツイッターアカウント
https://twitter.com/jipangbito

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。