スイーツ(略)について232 最近の記事 その162

まいど、はんろんまんです。

今日は特に予定も無かった(珍しく休日出勤も無し)ので、気ままに何処か出かけよう
と考えていたんですが、朝起きて窓を開けると生憎の雨(しかも土砂降り)。

仕方が無いので、会社から持って帰った書類を確認して時間を潰しています(涙)。

あと、九月末にもなって向日葵もないと思ったのでブログのテンプレートを秋用に変更
しました(まだまだ暑い日々が続いていますが)。

・・・という訳でいつものヤツです。

>帰省先のテレビ見て唖然
 http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-3241.html
 (9/18)



>まだ日本のテレビって日本女が映画内で敵としてやられてるにも関わらず、まだ
 アメリカ人女性と対等にやり合ってるような報道をしてるんですね。


と言っている訳だが、別に引用文に書いていることをそのまま受け取れば

中島美嘉(インタビューを受けた出演者)は「敵役でしたけど」と言っており、別に
 自分が主役と対等であるとは一言も発言していない。

ナレーションも「中島さん出演の」と言っており、「中島美嘉が出演している映画の
 紹介」を行っているだけ。

という「映画に出演している人間にインタビューして映画の紹介を行う」というだけの
TV番組に対し上記で引用した感想を持つこと自体、奇妙な話ではないだろうか?

と言うか、映画、それも一年間に相当数が作成されるハリウッド映画の中の一本で
日本人女性が敵役だったからと言って、それがどうしたと言うのだろうか?

もしかして、このコメントの投稿者は映画と現実の区別が付かず、

映画の中で日本人が嫌われているんだから、
現実でも全ての日本人は嫌われているんだ!!

とでも言いたいのだろうか?
・・・有り得る話だな。


で、こんな意味不明の引用文(他にもあるが更に意味不明なので無視)を受けての
本文でも、


>もし「海外の本物の美」を目にしている人間、欧米のファッション関連の仕事をして
 いる人間なら、「日本雌猿の才能の無さ」「美の欠落」「レベルの低さ」に即座に気
 づく。

毎度の如く具体例一切無しの断定。
 せめて「「海外の本物の美」を目にしている人間」とやらの実例を出せよ。



>これも、「アメリカのデブ」という「一部白人の弱点」を攻撃し、その一点を集中的
 に報道、侮辱し、インド、アラブ、トルコ、ヨーロッパの美女を日本人に報道しない、
 「見せない」という鬼畜日本猿の卑劣な「洗脳報道」にある。


これまた具体例一切無し。
 というか、日本では幾らでも海外の映画やら何やら放映されているし、海外の情報も
 ネット環境があれば幾らでも見れると思うが、ブログ主はどんな辺鄙な土地に住んで
 いるんだ?
 それとも、ブログ主は雛に餌を運ぶ親鳥のように、ただ口を開けて待っていれば他人
 が何でも教えてくれる、情報を紹介してくれるとでも思っているのか?
 で、誰も情報をくれないから、そんな事実は存在しないんだ、と決め付ける、と。


>日本人に「白人はデブ」そして「白人アレルギー」を植えつけるために、「一部白人
 のデブ」ばかりを報道し、「全ての白人」に対する否定的印象を持つよう「鬼畜日本
 猿」を洗脳しているのだ。
 これが、鬼畜日本猿の卑劣な洗脳方法であり、「日本教カルト」の正体。


一応データを挙げておこうか?

 国別 15歳以上の人口に対するBMI30以上の人の比率

 http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/a3/Bmi30chart.png

 まあ一概には言えないが上位の多くを白人が多数派の国家が占めているのは一目
 瞭然だろう(例外はメキシコ、トルコぐらい)。
 因みに日本は韓国と同水準で他の対象国の半分以下なのだが、これでも「一部
 白人のデブばかりを報道し洗脳している」という戯言が言えるだろうか?


--------------------------------------------------------------

次は、

>「クジラを減らせば魚が獲れるようになる」という鬼畜日本猿の大嘘
 http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-3242.html
 (9/18)

何と言うか、

>以下は私の想像だ。
 人類は年間に1億トンしか食用にしていないが、実はその何倍もの魚介類を消滅させ
 ているのではないだろうか?
 汚染物質の垂れ流しや生息環境の破壊等によって、何億トンかの水産資源を「食用
 にすることなく」地球上から消し去っている可能性がある。


>だとすれば「クジラが減る→イワシが増える」というモデルとは別に、「クジラが
 減る→捕食者が増える→イワシが減る」というモデルもありうる。
 海の食物連鎖は複雑でわかりにくく、解明もされていない。
 「クジラが減る→イワシが増える」といった単純化は危険に思える。


>率直に言って、「水産資源減少の根本的な原因は、クジラではなく人類だ」と私は
 考えている。


と、結論に至るまでの重要なポイントが殆ど個人の推測やデータの提示も無い決め付け
に終始しているような屁理屈を持ち出して、日本の捕鯨を貶めようとしている訳だが、
まず大前提として日本が行っている調査捕鯨にしろ各地での小規模捕鯨にしろ、日本が
行っている捕鯨は共に国際捕鯨委員会の定めたルールに則って行われており、決して違
法なものではない。
また日本の捕鯨に強固に反対するグリーンピースやシーシェパードなどの団体は「エコ
テロリスト」と呼ばれ、欧米社会でも一部の狂信者を除けば「危険人物」扱いされるの
が常である。 

更に言えば、日本以外でも捕鯨、しかも商業捕鯨すら行っている国は幾つも有るという
事実を無視し、日本を貶めるために

>鬼畜日本猿が捕鯨に拘るのは、利権か、「日本食文化」は西洋文化より優れていると
 いう優越感と、白人蔑視感情のどちらかだろう。

>まるで「欧米人への憎しみ」と「嫉妬心」「復讐心」を「日本食文化」を盾に、憂さ
 晴らしをしている様にみえるのが鬼畜日本猿の捕鯨。
 「鬱憤を弱者で晴らす」という、鬼畜日本猿に受け継がれる鬼畜遺伝子。


>白人への復讐、日本食文化という虚構を崇拝し、欧米文化、白人そのものを否定する
 鬼畜民族。


>鬼畜日本猿という罪人顔が堵殺するシーンを海外のメディアに流しては行けないのだ。
 醜い顔の日本人の行動=犯罪。これが海外の人間が感じる印象。
 一部の人間の欲求や利権の為に日本人全体のイメージ低下はとても痛ましい。


と日本=悪者というレッテルを貼る事に必死になり、あまつさえ捕鯨という行為自体を
否定している筈なのに、

>「捕鯨」は日本人のイメージを著しく低下させる。そこまでして一部人間の需要に答
 えたいのなら、欧米諸国と協力し、日本は鯨肉を輸入するべきだ。


「白人であれば捕鯨をしても良いんだ」と
言わんばかりの屁理屈
を捏ね回す。
こんな人間、誰が信用するだろうか?

--------------------------------------------------------------

続いて、

>男性を不幸にする女
 http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-3243.html
 (9/18)

ブログ主ってよっぽど暇人なんだな・・・。

で、ついでに当方なりにやってみた検索結果を載せておく。

google "女を不幸にする男"の検索結果 約153,000件

google "男を不幸にする女"の検索結果 約147,000件

※検索に完全一致(" "で括る)の条件を付けている。

皆さんはこれを見てどう思うだろうか?

--------------------------------------------------------------

取り敢えず此処まで。

スポンサーサイト

コメント

>はんろんまんさんへ。

シー・シェパードですが、この団体を強烈に批判しまくっている、
親日派の米国人の方が居ます。
陽気なイタリア系米国人の方で、トニー・マラーノ氏と言います。
卑怯者がとにかく大嫌いで、保守派の方のようです。
日本のネットユーザー有志達から"テキサス親父"と呼ばれています。
動画は、YouTube上で「テキサス親父 字幕」で検索すると、
日本語字幕つきの彼の動画を観られます。
(シー・シェパード関係だけでなく、
かなり広範な分野の彼の考えを述べた動画も多いです。)
面白いのでお暇な時にでも、一度観てみてください。
そうでした。これを書いておかないと。
シー・シェパードの代表であるポール・ワトソンは現在逃亡中です。
ドイツ、コス・タリカ、日本の三カ国からの指名手配を受けていますね。
ドイツで一旦、逮捕されてコス・タリカへ移送される予定だった。
(コス・タリカで、この団体は殺人未遂の罪を犯したそうです。
それで、ドイツにも責任者のワトソンの逮捕要請が有ったので、逮捕したらしいですね。)
巨額の保釈金を払って保釈される筈が、ドイツ側の課した条件、
「保釈はするが、ドイツ国内に留まる事」と言うのを無視して逃亡。
とうとう、ICPOから"赤手配書"が出される事態に。
こいつの逃亡先は現在、不明のままです。
まあ、ワトソンの騙しの話術と策略で支えられていた組織ですからね。
この者が、表立って活動出来なければ、組織の弱体化は避けられません。
非公開コメント

プロフィール

ロン・セガン

Author:ロン・セガン
前職退職後、再就職先から業務関連の資格取得を打診されて、数年間の専門学校通いを経て、無事正規採用で再就職した三十代男性
(以前、粘着してきた馬鹿がいたので断っておきますが上記画像の模型の製作者とは別人です)

ツイッターアカウント
https://twitter.com/jipangbito

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード