毎度のことだが、番組1つやその中での極少数の人間の反応を以て日本人全体の性質
など語ることが出来ると思ってんのかねぇ。
大体、俗に「低俗」と言われる番組はあるにはあるが、それらが日本のTV番組の全てで
はないだろうし、更に言えば比較対象となる日本以外の国の状況を一切語らずに、ただ
「日本が悪い、日本は劣っている」と繰り返したところで、誰が納得するだろうか?

--------------------------------------------------------------

次は、

>漫画カメラ!
  http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-3250.html
 (9/21)

・・・まぁ、何をどうしようとブログ主の勝手だが、そのうち

(ブログ主の金銭感覚で)大金払って電子書籍つくったったー
 ↓
全然売れんかったー
 ↓
自分の本が売れんのは日本人の妨害、言論統制のせいだー

と喚くような予感が・・・。

--------------------------------------------------------------

続いて、

>まさにバカヤロー政策
 http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-3251.html
 (9/23)

まず引用文だが、

>原発事故の後、多くの国が福島の食品の輸入を規制していますが、
 タイは放射性物質の検査証明書があれば輸出ができるため、実現しました。


つまり輸出された桃に何の問題もないということではないだろうか?
それを問題が有るものをそうではないと言い張って売りつけるような「日本の悪事」
であると難癖を付けること自体、異常としか言いようの無い行為だろう。

また「皮をむいて食べてもらったら好評だった」というだけの情報に対し、

>海外では「果物」=安価でバカ食いするもの。
 日本みたいに一個のメロンやスイカをヒラヒラの薄っぺらに切って、家族で分け合い
 ながら食べたりしないのwwwwwwwww
 一個のメロンを半分に切って「一人」でスプーンで食べるものなのwww、リンゴや
 ら、桃も皮剥いて、小さく切り分けて、爪楊枝さして、腹を空かした小猿に分けて食
 べさせたりしないのwwwwwwwww
 一個そのままガブリと食べるのが海外、異常に果物に付加価値の付いている日本
 だけが、「皮剥いて」「切り分けて」食べるわけwwwwwwwwwwwww
 でも何も知らない鬼畜日本猿は、桃の皮まで食べる「タイ人」を嘲笑するニュアンス
 で記事を書くわけwwwwwwwwwwwww


と、日本か悪意を持っているとこじつけて

>結局、鬼畜日本猿は、己の生活や人生より、「虐めの対象」「見下す対象」が優先な
わけwwwwwwwww
仮に自分が腹へって、貧乏で、不幸でも、「朝鮮」や「途上国」という、「虐め」「
見下し」の対象があれば「幸福」な訳wwwwwwwwwwwww
ざああああああああああまああああああああああああああああああ

と日本を蔑もうとする。
全くみっともない限りである。

--------------------------------------------------------------

次は、

>日本は低俗だから嫌われる
 http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-3252.html
 (9/23)

何だかんだと長々と書いているが、詰まるところ、Twitterで自分の意見が否定された
から八つ当たり気味に「悪いのは日本人だ、日本の文化だ」と喚いているだけか?

というか、ブログ主や賛同者の言が肯定されないのは、単純に日本を批判しているから
では無く、その批判の内容の大半にまともな理屈も根拠も無く、ただただ自分に都合の
良い屁理屈を捏ね回しているからだ。

それを正当化したいが為に自分の見解が絶対的に正しいと論じ、それを批判する行為に
問題が有ると決め付ける。

そんな事しか言えない人間の見解など誰も認めないだろうし、自分の見解を認めない、
自分と違う見解を持つ人間を全て排除するしか能のない、言い換えれば、他人と互いに
理解し合おうと言う考えの無い人間が、自分の意見を認めるよう他人に求め、認めない
人間を低俗だと罵るなど傲慢の極みではないだろうか?

まぁ、だからこそアレだけ馬鹿な発言が出来るんだろうけど。

--------------------------------------------------------------

以下、コメントレス。

懐疑主義者様
http://jipangbito.blog93.fc2.com/blog-entry-287.html#comment358

「買ってはいけない」、そういえばありましたね。
というか、あの連中の思考回路は何でいつも「何故△△なのか?」「△△だから■■で
ある」という論理的思考で無く、「△△だから」という理由も無く決め付けた事柄から
自説を切り出す(言い換えれば具体的な根拠を提示出来ない事柄が正しいと決め付ける
)事でしか自説を主張できないでしょうかね?


ヨイチ様
http://jipangbito.blog93.fc2.com/blog-entry-290.html#comment359

そりゃそうでしょう。
何と言っても「無いものは出せません」から。

漫画化、書籍化、映画化などなど色々と言ってますが、どれもものにはならず、しかも
長く続けるほどの努力もせず、次から次に手を変え品を変え、何とかして「自分は凄い
んだ」と言い張ろうとする。

余りにも惨め過ぎる有様でしょう。

--------------------------------------------------------------

取り敢えず此処まで。
スポンサーサイト

コメント

>はんろんまんさんへ。

コメントへの返信、有難うございます。
ブログのデザインが変わっている様ですね ?
秋のイメージでしょうか ? 季節感が有ってなかなか良いですね。
さて、河童管理人は決め付けでしか語れないのでしょうね。
彼本人が元々そうなのか、環境でそうなったのかは解りませんが。
ともかく、ずっと長い事そうしていたから、固定化してしまっていて、
今になって変える事は出来ない。
何処かは解りませんが、
それが通用する環境に暮らしている/いたか、
似た様な考え方の人達が集まる場所で暮らしていた/いるのでしょう。
その環境こそが河童管理人の性格を作り上げ、また維持している。
しかし、この環境から一歩外に出ると、
それまでの考え方が全く通用しない事には気付いた。
で、パニックになっているのでしょう。
状態としては随分と長いものでは有りますが。
彼の持論の電子書籍化計画にしても、彼には無理でしょう。
面倒くさい事は他人にやらせて、自分で何かを切り開く事は出来ない性格だから。
朝鮮半島に有った李氏朝鮮の「両班(ヤンバン)」と言う支配階級の成員達は、
河童管理人の態度に酷似した考え方を持っていたようですね。
"汗を流すのは下々の者達のやる事"と言う様に。
だから、李朝末期になって欧米人達がやって来て、
スポーツに興じているのを観ても、「なぜ、誰かにやらせないんだ ? 」と言い、
自分達ではやろうともしなかったと言います。
この朝鮮半島を属国化していた支那の支配階級ですらそうは言わないのですからね。
労働はしなかったかもしれない、しかし、趣味には「自分から」参加した。
酷似と言うより、全く完全に一致します。考え方が。
彼がこの性格を変えるか何かしないと、何も出来ないまま一生を終わると思います。
非公開コメント

プロフィール

ロン・セガン

Author:ロン・セガン
前職退職後、再就職先から業務関連の資格取得を打診されて、数年間の専門学校通いを経て、無事正規採用で再就職した三十代男性
(以前、粘着してきた馬鹿がいたので断っておきますが上記画像の模型の製作者とは別人です)

ツイッターアカウント
https://twitter.com/jipangbito

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード