スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まず題目の「日本人だけを狙う犯罪組織」とやらが実在するのであれば、せめて何なり
かの証拠を出すべきではないだろうか?

また本文中で、

>鬼畜日本猿は「遺伝子異常の前頭葉未発達」だからこいつらの「思考」「主張」は何時
 もワンパターンで、「例外によって全体を否定する」論法を取る。
 白人に対しては→「一つでも欠点があればその弱点を誇張し、全体を否定」
 日本人に対しては→「一人でも日本人を賞賛したり、褒めたりすると、日本人全体を
 人気があると誇張」wwwwwwwwwwww


と言っている訳だが、ブログ主や賛同者共は自分達の主張がより悪質な「1つの事例も
提示できないのに御仁の意見や妄想が事実であると語り「嘘」を「真実」であるとして
主張する
」という行為である事に気付いていないのだろうか?

・・・まあ、

個人の経験が統計的なデータより証拠能力に勝る

自分の経験と人種や国家全体の評価は絶対に一致する


という頓珍漢なことを主張している時点で明白だが、少しは論理的な思考能力を身に
着けるべきだろう。

--------------------------------------------------------------

ちょっと尺が短いのでここからは以前取り上げた記事について追加を。

>日本は低俗だから嫌われる
 http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-3252.html
 (9/23)

>日本は何故嫌われるのか?それは日本の品質が余りにも低いからです。

という書き出しで始まっている引用文だが、まず「日本が嫌われてる」という事の証明
も出来ないままに、その理由を論ずるのは余りにおかしな話ではないだろうか?

第一、何処の誰が「日本を嫌っていいる」のかという事も不明瞭なので、いつものヤツ
(BBCの調査)から簡単なデータを引用しておこう。

2012年度版 日本に対する世界各国の評価

ソース

北米
アメリカ 肯定:否定=74:18(以下値のみ示す)
カナダ  72:16

中南米  
ブラジル 60:22
チリ   57:12
ペルー  57:14
メキシコ 44:26

ヨーロッパ
イギリス 70:17
フランス 66:24
スペイン 62:17
ドイツ  58:29
ロシア  54:10


アフリカ
ナイジェリア 80:10
ケニア    68:15
エジプト   57:15
ガーナ    48:10

アジア
インドネシア  77:5
オーストラリア 65:23
インド     44:11
パキスタン   41:9
韓国      38:58
中国      16:63

日本      41:9

さて、このデータを見る限り「日本人を嫌っている」のが何処の誰か、そしてその意見
が世界的なものであるかどうか、一目瞭然と言っても過言ではないだろう。

・・・まぁ、以前同じBBCの調査結果を「こんなものを信じるのはネトウヨだけ」と言い
切ったブログ主のことだから、これについても「捏造」だと騒ぐんだろうな。

--------------------------------------------------------------

で、同じ記事のコメント欄では当方がブログ主作成の掲示板に書き込んだ事柄について
罵詈雑言を吐いている輩がいるわけだが、

>>と、別名義なのにそっくりな文章(「ざまあ」という単語を意味も無く伸ばす)
 >書き込みがあるのは何でだろうね?

 と、賛同者諸氏が、グーグル検索で「"ざまああ"」と入れれば 約 724,000 件 も
 引っかかるごくありふれたネットスラングを使ってコメントしただけで、
 「別名義なのにそっくりな…」とかまるで「自演だ」とでも言わんばかりの嫌疑を
 かけてるわけですが、単に賛同者諸氏が管理人様が使うネットスラングを
 真似てるだけとは考えないのは何でだろうね?


という書き込みについて、当方は単に書き込み中で上げたコメント同士が似ている、と
指摘しているだけなのに何故それがブログ主の自演に対する指摘となるのだろうか?
(書き込み中でも「誰に似ている」とも「自演だ」とも言って、もとい書いていない)


で、

>もしや自分が日常的に複数人を装って管理人様に付きまとってるから
相手も同様のことをしてるに違いない、なんて考えてるとか?(失笑)

と結論付けているわけだが、これってこのコメントの書き手にこそ相応しい、つまりは

自分が日常的に自演しているからこそ、何の関連も無い、自演という言葉すら
含まれない文章に対しても、自演を指摘されたに違いない、と感じた。

のではないだろうか?


更に、

>と、毎度のごとく「当方はチキンじゃない!ファビョーン!」というみっともない
 自己弁護をしてるわけですが、007の言う「反論」とやらは、「海外ネタつれずれ」
 の管理人氏から見れば、書き込み可能なコメント欄があるのにあっちからは直接
 見えない場所でコソコソと陰口を書かれてるに過ぎないんだし、それで偉そうに
 「海外ネタつれずれの記事に反論してやった!エッヘン!」とか言われても(失笑)


と言っているわけだが、単に引用元まで反論しなかった、というだけでチキン呼ばわり
されるのも大概だが、当方が提示した反論は・・・、と確認しようと思ったらスレッド
ごと消されてるよ。

話を元に戻すと、引用元にまで反論しなかったのはひとえに時間が無いからであり、更
に言えば反論の内容自体が「貴方が引用した△△という意見は此処がおかしいですが?
」というものであり、その対象は引用元ではなく、引用した書き込みを行った何処かの
誰かと、それを更に引用し記事を立てたブログ主だ。

それを無視して「引用元に反論しないからチキンだ」なんて、只の言い掛かりだろう。

というか、自分に都合が悪ければ削除して「無かったこと」にしたところで、現実
は何も変わらないんだが、その辺り、理解しているのかな?

ついでにもう1つ指摘させてもらうと、当方が直接反論しないことをチキンだと言
いながらその批判している人間が、反論を掲示板ではなくブログのコメント欄に
書いているのは笑うところだよね。


--------------------------------------------------------------

以下、コメントレス。

懐疑主義者様

http://jipangbito.blog93.fc2.com/blog-entry-293.html#comment360
http://jipangbito.blog93.fc2.com/blog-entry-291.html#comment361

コメントありがとうございます。

頂いたコメントを見て思い出したのですが、昨年5月にNHKで放送された「NHKスペシャル
クジラと生きる」という番組があります。

簡単に言えば「ザ・コーヴ」の一件以来、和歌山県太子町のイルカ漁に文字通り「粘着
」しているシーシェパード構成員と、漁業を生業としている地元の人々の関係を追った
ドキュメンタリーです。

DairyMotionで閲覧できます。
http://www.dailymotion.com/video/xj7g6x_yofy-yyyyyyy-yyyyyyy_shortfilms
1/5 以降の分割部分は画面下のリンクから飛べます

何と言うか、見ているだけで腸が煮えくり返りそうな内容だったんですが、要約すると

・イルカ漁に反対している人物の発言
 どうして隠すんだ 恥ずかしいからだろう
 伝統や文化だとか言って本当は誇りなんて無いんだろう
 惨めなやつらだ 負け犬め


 →太子町では反捕鯨団体の撮影(というか盗撮)を防ぐためにネット等を張っている
  が、その作業を行っている人間に対してこんな罵詈雑言を吐いている。


漁協の職員に対し「殺し屋」と罵倒を浴びせる女性。

 →対する漁協職員は「ザ・コーヴ」で激怒した職員の言動が暴力的に描写されたこと
  や長老格の職員の静止で怒りを抑えていた。



仕事に行こうとする漁師の車の前に立ち業務妨害を行う。
 その中には現金を出し「これをやるからイルカを放せ」と言いだす人間もいる始末。
 警察が出で来ると「写真を撮っていただけ」と言い逃れる。


 →彼らの活動の質と、イルカ以前に現地の人間の生活を破壊しているという事実を
  一切認識できていないということが如実に分かるシーン



太子町では老齢で漁に出られなくなった者や寡婦となった女性にイルカの肉の分配が
 行われている。
 また学校などでも教育の一環として捕鯨に対する教育が行われている。


盗撮を防ぐために設置されたカーテンの隙間から撮った映像、更にはカーテンの中に
 カメラを仕込んだ上での盗撮など、普通名に考えれば明確犯罪行為を行う反捕鯨団体


といったところでしょうか。

というか上でも書きましたが、反捕鯨団体という連中は自分の目的、つまりはクジラ・
イルカの保護を達成する為であれば、どれだけ他人に迷惑をかけても問題ないと考えて
いるのでしょうか?

自分達の行動が他人の迷惑となり損害を与えていることを認識できず、ただ自分の正義
だけを妄信する。

まるで何処かの誰かさんのようですね。

--------------------------------------------------------------

取り敢えず此処まで。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ロン・セガン

Author:ロン・セガン
前職退職後、再就職先から業務関連の資格取得を打診されて、数年間の専門学校通いを経て、無事正規採用で再就職した三十代男性
(以前、粘着してきた馬鹿がいたので断っておきますが上記画像の模型の製作者とは別人です)

ツイッターアカウント
https://twitter.com/jipangbito

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。