スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイーツ(略)について272 河童本を読んでみよう1.5【補足】

まいど、はんろんまんです。

今回は前回の続きですが、前回のように全文引用して詳細に言及しているときりがない
ので、気になった部分だけの抜粋で書いていきます。

その前にまずは、異常に長く、かつくどい文章になってしまった前回のまとめから。
(自分の中でもう一度整理し直したので少し内容が変わっています)
-------------------------------------------------------------

・河童は「自分と反論者の議論に決着が付いていない」と言うが、書込み削除や新規の
 書込み禁止、承認制等の措置を行った時点で、河童が自分の敗北を認めて議論から
 逃げ出したのも同然。


-------------------------------------------------------------

・河童は頻繁に「白人が~」と論じているが、「実際に白人がどう考えているか」が引用
 されることは極めて稀で、大半は「白人は~と思うはずだ」という河童自身の願望で
 しか無い。


-------------------------------------------------------------

・河童が韓国人、または在日と指摘されるのは、河童の論調が韓国人のステレオタイプ
 と合致し、かつ河童自身が韓国人や在日を同胞と何度も呼び、あまつさえ白人を最も
 賛美している筈が「韓国人が世界で一番美しい」と賛美した、という「事実」に基づいた
 指摘でしかない。


-------------------------------------------------------------

・河童の言が批判や削除の対象となるのは、その根拠となる事項が河童一個人の嗜好
 や欲求に基づいたいい加減な代物であったり、そのいい加減過ぎる主張を根拠に他人
 を罵倒するからであり、ネット上での削除や有害指定、更に無数に向けられる否定的
 な批判も、その悪質な立振舞いによる当然の結果である。


-------------------------------------------------------------

・上記のように碌な根拠も示さず、日本人という膨大な対象相手に無差別の罵倒、中傷
 を繰り返しているのだから、その相手から恨みを買って讒言されたとしても自業自得で
 あり河童にその讒言を批判する資格など無いし、賛同者も当然ながら増えない。

-------------------------------------------------------------

・河童の論の傾向として、河童の主張に疑問を持った相手から「その主張に信頼出来る
 根拠はありますか」と質問された場合、その質問に直接答えず「その前にお前の反論
 の根拠を出せ。出せなければ俺(河童)の言い分は正しいんだ」と自説の証拠を提示
 出来ないことから論点を逸らした上で自説を無制限に擁護するパターンが有る。


 また、反論者側が根拠となるデータを提示したところで、今度は相手の論旨ではなく、
 年齢、性別、職業、出身地、家族構成などあらゆる情報を捏造、あるいはこじつけで
 問題だと騒ぎ立て、更には薬物中毒やアルコール中毒という根拠無実の難癖をつけ、
 「こんな問題のある人物の言い分など信用出来ない」という論旨とは無関係の事柄を
 根拠に相手の論を否定する。


 つまり根拠となるデータを出しても出さなくても、結局河童は他人の言い分など
 認めず、頭ごなしに否定するだけであり、完全に河童側の問題で議論が議論
 として成立していないのが現状である。


-------------------------------------------------------------

・また河童は自分が多くの問題点を指摘していると主張しているが「△△が悪い」とは
 常々言うものの、「どのように悪いか」や「具体的に何が悪いか」について言及せず、
 河童自身が「悪い」「劣っている」と主張したいものは「悪い」「劣っている」のが
 当然、自明の理であり、その「当然」に対し疑問を持つこと自体が間違いと主張
 する傾向がある。


 例:日本の食品には添加物が大量に入っている為、日本人の心身は劣化している、と
   論じながら、具体的にどの食品にどれだけ添加物が入っているか、どの添加物が
   どのような問題を引き起こすか、諸外国と比較した場合日本の添加物の量が多い
   のか少ないのか、といった論理的思考一切無しで「添加物が入っている→日本人
   は劣化している」という結果だけを振りかざして自説の根拠としている。


-------------------------------------------------------------

・更に河童は自分の意見が支持されない原因を、自分の意見ではなく他者に求める傾向
 がある。

 
 例:アクセス数が増えないのは、誰かがアクセス数を不正に取得しているからだ。
   相互リンクが拒否されるのは、誰かが自分の活動を妨害しているからだ。
   自分の考えとは異なる情報が一般により認知されているのは、誰かが嘘の情報を
   流し日本人を洗脳しているからだ。


 という感じで自説の稚拙さや間違いは一切認めず「悪いのは別の誰かだ」と繰り返す
 訳だが、其処から透けて見えるのは

 自分の主張は絶対に正しいのだから
 認めない人間は悪である。
 これは理由など必要としない常識(但し河童限定)である。


 という河童の異様なまでの自画自賛であり、同時に他人を勝手に「悪」であると設定
 し、それに対して自分が「正義」であり主張が間違っていない、と言い張って自分の
 正当性を飾り立てるだけの極めて幼稚な代物なのでしかない。


-------------------------------------------------------------

・最後に河童の言動の中で最もみっともないのは、以上のような発言を延々繰り返して
 おきながら、いざそれを公開する段になって言責を取るのが怖くなったのか「自分が
 批判している相手は全て実在しない架空の人物であり批判の内容も全てフィクション
 です」と逃げ口上を吐く点であり、その結果自説の正当性やら信頼性やらを根こそぎ
 破綻させている点である。

 自分の言には自分で責任を取るという常識以前のルールすらも守れず、己の
 発言の責任から逃げ回る一方で、自分に向けられた批判には執拗に根拠の
 提示を求めながら提示されてもそれを一切認めないという身勝手極まりない
 屁理屈こそが、河童の最も根本的な問題である。


-------------------------------------------------------------

取り敢えず此処まで。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ロン・セガン

Author:ロン・セガン
前職退職後、再就職先から業務関連の資格取得を打診されて、数年間の専門学校通いを経て、無事正規採用で再就職した三十代男性
(以前、粘着してきた馬鹿がいたので断っておきますが上記画像の模型の製作者とは別人です)

ツイッターアカウント
https://twitter.com/jipangbito

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。