スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

スイーツ(略)について283 最近の記事 その202

まいど、はんろんまんです。

此処数日は久々に晴天で、暫く傘が手放せなかったジョギングも手ぶらで行けるように
なりました。
(自宅から相当離れた所まで行くんで、傘無しで雨が降ると悲惨な目に遭うんです)

まぁ、そんな事はさておき、いつものヤツです。

まずはコレ。

>嫌韓=海外反応ホルホル=金太郎は同じ基地外遺伝子所有者wwwwww
 http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-3869.html

>鬼畜日本猿はその場限りのクズwwwwwwwwwwwwww
 即ち「卑劣」な訳wwwwwwwwwwwwwwww
 感情でしか物を考えられないwwwwwwwwwwwwwww
 YES NOで物事を判断できない
 「これほど醜い日本人女性」の主張にチョンも在日も無い訳よwwwwwwww
 人類共通の美的感覚である「日本雌猿のマン毛は極太とぉ~」って言っている訳
 wwwwwwwwww
 所がこいつらネット右翼やホルホル馬鹿は「マン毛をボーボーに伸ばすのは醜い
 です」と認めたくないわけwwwwwwwwww
 鬼畜日本猿の劣等性が暴かれれば暴かれるほど
 ( ^q^ )「チョンはもっと劣等なんだもん」
 ( ^q^ )「チョンはレイプされて生まれて来た性奴隷なんだもん」
 って、マン毛の話からチョンに話を逸らすわけよwwwwwwwwwwwwwww
 wwww


既にお馴染みとなっているHN「麻紀絵」の書き込みを元ネタにして、河童がこんな事↑
を言っている訳だが、そもそも嫌感に対する河童の姿勢は

世界各国の人間が入出国、居住する日本において、何故韓国人だけが露骨な非難
 の対象になるのか?


韓国人が嫌われるというのは、日本だけで起きている事なのか?

という原因や理由を一切無視し「韓国人を批判するのは悪いことだ」という自身の主張
を捏ね回しているだけの代物だ。

そもそも河童が韓国人扱いされるのは、何度も指摘しているように河童自身が韓国人を
同胞と呼び、「元々は白人を賛美しているんだから韓国人は賛美せずに白人だけを賛美
すべき」という支持者の意見に対し、「嫌韓であること」を理由にその支持者を敵視し罵倒
の限りを尽くし追放した、たという事例から導き出された推論であり、河童一個人のみに
適用される結果でしか無いし、過去に

在日同胞60万人の皆さん!悪魔絶滅に協力してください!

在日同胞60万人の皆さん!私に協力してください!

韓国人の美しさは整形ではなく、天然の美しさ


世界一美しい韓国人女性と結婚したい!



といった動画を度々作成し、ブログでも散々韓国賛美を繰り返している輩が、

>「これほど醜い日本人女性」の主張にチョンも在日も無い訳よwwwwwwww

等と言ったところで、何の説得力も無いだろう。

また「女性の陰毛についての話題を韓国叩きで逸らす」という主張も、そもそも国家や
民族の価値を女性の容姿やスタイルのみで判断しろというほうが馬鹿げた話だし、以前
の記事
で提示した河童の「画像比較」についても

女性の容姿に関する河童の判断基準「画像比較」の一例
http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-1397.html
http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-1534.html
http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-1662.html
http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-2642.html
http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-2651.html


という感じで、どう見ても恣意的な画像選択(一方はモデル、一方は一般人)の結果と
して得られたデータなど、一部の信憑性もないだろう、

更にカルビ氏についても、年から年中誹謗中傷を繰り返す河童に対し、鬱陶しい閲覧者
(河童)をシャットアウトするためのパスワードを掛け(コレすらも河童には「閉鎖の偽装」
に見えるらしい)、時折本人かどうかも分からぬ書き込みが2chに出る程度なのだから、
これらの二人の行為を比較した場合、どちらに非があるかは火を見るより明らかだろう。

河童はカルビ氏の過去の言動が罪として認められていると考えているのかも知れないが
そんなものはカルビ-河童間の裁判に何の影響もないだろうし、それこそ画像の盗用や
嘘千万の主張、不特定多数に対する罵詈雑言など、「脛に傷有る身」なのはどう見ても
河童の方では無いだろうか?


-------------------------------------------------------------

次は、

>ネット右翼=海外反応のクズは「絶対的敗北」の中で生きているクズwwwwwww
 www

 http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-3870.html

>>感情でしか物を考えられない
 言えてるwww なんせ日本猿ってのは、「“根拠”と称して持ち出す資料や統計自体
 はまともであっても、それらの“扱い”“評価”“解釈”等がメチャクチャであるため、
 結局バカな結論を(「ちゃんと裏付けてるんやでぇ!」と)ドヤ顔で導き出してしまう」
 という事が多々ある民族wwwww
 (http://d.hatena.ne.jp/D_Amon/20120311/p2
 http://d.hatena.ne.jp/D_Amon/20090627/p2)
 俺も管理人さんほどじゃないにせよ海外経験積んでるけど、「たとえ“根拠”(と称する
 もの)を出して来ようともなお全く信用しちゃならない民族」って日本猿くらい
 ですからね~wwwwww 驚くべきことですよコレはww


>>2
 つまり奴は、『ボクに都合のいい説を主張するためであれば、「専門家の定説が必要
 なテーマにおいて、素人の異説を持ち出す」ことすら許されるんだぁぁ! でも、ボクに
 とって都合の悪い説を主張するときには、そのテーマに必要か不要かに関係無く“
 ボクのかんがえたせんもんか”の説を持ち出さねばならないんだぁぁぁ!!』という
 究極のダブスタをやっちゃってるわけですねwwwwww うわ~引くわ~wwwww
 絶対雇いたくねええ~ wwwwwww

何か全く意味不明というか、誰のどんな主張に対し上で引用したコメントのような批判を
しているかが全く不明瞭なのだが、まぁ河童の常套手段として「誰の」「どんな」「何」に
対する「どのような」批判なのか、そしてその批判がどのような根拠やデータに基いている
か、といった理論的思考を一切無視し、結果だけを、さも正当性が有るかのように論ずる
傾向が有る。


例えば最近河童がご執心の「海外の反応」系ブログも、詐欺だ何だと騒ぎ立ててはいる
が具体的にどの記事にどのような問題があるのか、原文と訳文の比較(この記事で当方
が上海に突きつけたようなもの)すらも提示出来ていないのに、結果得られるであろう「「
海外の反応」系サイトは文章を改竄し詐欺行為を行った」という情報だけを既に証明された
事実であるかのように語り、それを根拠に自身の正当性と他者への中傷を繰り返す。


そんな輩が上記したようなコメントについて論じたところで(コメント自体も相当意味
不明だが)、「お前のほうが余程悪質だ」と言われて終わりだろう。

で本文だが、

>こいつら鬼畜日本猿や金太郎に言葉が通じない理由
 wwwwwwwwwwwwwwww
 それはこいつら嫌韓やホルホルは絶対的な敗北の中で生きているから
 wwwwwwwwwwwwwww
 こいつらの心支え=虚構wwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 本当に日本に自信があるなら
 ( ^q^ )「日本人女性は美しいです」
 ( ^q^ )「日本人女性の美しさについて具体的に説明します」
 って言えば良い訳よwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
 所がこいつ等ホルホルは現実と直面した時、「真実を語れば敗北が決まる」訳よ
 wwwwwwwwwwww
 何故なら鬼畜日本猿が世界中でゴキブリハエ扱いされているのは事実だから。

 そこでネット右翼は
 ( ^q^ )「在日はヒトモドキ」「チョンは世界中で嫌われているんだもん」
 って、「論点逸らし」「人格攻撃」「学歴・経歴差別」によって反論者の精神攻撃
 をする以外に自尊心を維持できない。


と喚き立てているが、毎度の如く「日本人は海外で害虫扱いされている」と繰り返した
ところで、その「海外の実情」を一切引用できないどころか、日本が評価されている、
国際規模で肯定・否定でアンケートを取った場合、数年間に渡り肯定のほうが多い、と
いう結果になっているという現実すらも直視できず「そんなものを信じるのはネトウヨ
だけ」という逃げ口上しか言えなかった河童の論など、論ずる価値もないだろう。


-------------------------------------------------------------

取り敢えず此処まで。

スポンサーサイト

2013-12-04 21:23 : スイーツ(略)の記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ロン・セガン

Author:ロン・セガン
「昼は専門学校生、夜はサラリーマン」の二足の草鞋で奮闘する三十路男。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。