スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

スイーツ(略)について306 最近の記事 その224

まいど、はんろんまんです。

此処暫く連日更新しているため、今回は小咄のネタがないので早速本編に入ります。

>2014年は二次オタウヨの終焉の幕開け
 http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-3911.html

まず引用文だが、あずにゃん氏の引用している事柄の原文を確認すると

>児童ポルノ法改定による二次元規制強化への反対を掲げる山田太郎参議院議員(みんな
 の党)が、夏に引き続き今回もコミックマーケット開催中の東京ビッグサイト前で、
 本日29日に演説を行った。
 山田参議院議員は、2013年5月の参議院予算委員会では児童ポルノ法改定による二次元
 規制強化が、日本のマンガ・アニメを廃れさせる危惧があるのでは、と質問。安倍晋
 三総理大臣から「検討を言わば慎重に進めていくべきものであろう」との答弁を引き
 出した人物だ。また、2013年10月には迫り来る改定への動きに対して業界21団体を集
 め、反対に向けた共同行動を呼びかける会議を開催した(参照)。夏の参院選で改定
 に反対する国会議員の多くが落選した情勢下で、数少ない結集軸となっている人物だ。
 29日の14時頃、山田参議院議員を乗せた演説カーが、りんかい線の国際展示場駅前に
 姿を現す。
 寒空の下で、山田参議院議員は車上の演台に昇り路上を行き交う人々に呼びかけた。
 コミケ参加者も、初日の買い物を終えて帰り始めている人が増えている時間だ。初日
 ゆえの体力温存、年末のせわしさもあってか、足を止める人は、さほど多くない。だ
 が、足を止めずとも「あれが山田議員か」「山本太郎じゃないほう」「児童ポルノ法
 改定反対の人だ」と話し合っている。さらに、ツイッターを使ってリアルタイムにツ
 イートを行う人々の姿もある。
 山田参議院議員は演説の中で「私のところにも、マンガが大好きな子どもから手紙が
 来たが“おじいちゃんに、この問題の話をしたら「マンガは頭が馬鹿になるから規制
 に賛成」といわれた”と書かれていた」「世論が訴えないと表現規制の流れは止めら
 れない」「コミケに参加する数十万人が結集して動かないといけない」「君たちは規
 制されたマンガでは満足できないから、ここにいるのではないのか!」「自民党と公
 明党が過半数を占めている状況で、前回の都議会では数で負けた。しかし、実際の危
 うさを真剣に考えている人はいるのか。大きな流れに流されて大事なことを見失って
 はいけない。今こそ、結集しようじゃないか」と繰り返し訴えた。
 目の前のバス停で列に並ぶ人たちに声を聞いたところ、賛同する意見がある一方で「
 どういう問題なのか、いまいち理解できない」「なんの演説なのかわからない」「あ
 の人も利権で動いているんじゃない」という声も。
 ほかにもビラが夏に配布したものの余りであったなど、問題は多々あった。しかし、
 今年は山田参議院議員を名誉顧問として「AFEE エンターテイメント表現の自由の会」
 も立ち上げられているなど、取材の中で、徐々にではあるが問題を理解する人の数は
 増えていると感じる。オタクの中だけでも世論を形成出来ていない現状を突破するの
 が、2014年最初の課題となりそうだ。なお演説会は、明日30日も行われる予定だ。

 http://otapol.jp/2013/12/post-374.html

という感じで、あずにゃん氏が言うような

>結局オタクの知的レベルなんてこんなモンですわ。

とはならないのが現状のようだ。
(「という声もあった」ということは、つまり「そうではない声もあった」という事と
同義であり、かつ一方の声を以て偏った視点から全体を評するのは河童の常套手段)


また、

>元々児童ポルノ規制は最初から、コミック対策であって、コミケを潰すのが目的でした。
 そのため、準備会側は危機を察してこの冬コミから基準を厳しくしたりしてるのにオ
 タク共ときたら足元に火がきてるのに気付いてないんだから、もう・・・ね。


と言っているが、児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する
法律(以下児ポ法と表記)では、法案の時点では実写のみでなくCGや手描きの「絵」も
対象となる媒体に含まれていたが、関係者からの抗議を受け、最終的には「絵」は対象
媒体から除外されている。
またその後も、一部の議員により「実在しない児童」を対象とした規制を追加すべきと
いう議論が行われているが結果的に廃案となっており、現時点ではあずにゃん氏の言う
ような「コミケを潰すのが目的」という使い方はできないのが現状だ。

参考ソース

また児ポ法自体も原文を確認すれば、

>第一条(目的)
 この法律は、児童に対する性的搾取及び性的虐待が児童の権利を著しく侵害すること
 の重大性にかんがみ、あわせて児童の権利の擁護に関する国際的動向を踏まえ、児童
 買春、児童ポルノに係る行為等を処罰するとともに、これらの行為等により心身に有
 害な影響を受けた児童の保護のための措置等を定めることにより、児童の権利を擁護
 することを目的とする。

 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H11/H11HO052.html

という感じで、あずにゃん氏が言うような目的は掲げられていないことは明白である。


というか、あずにゃん氏が指摘している点に近いのは、児ポ法よりも寧ろ数年前話題に
なった「東京都青少年の健全な育成に関する条例」のほうだが、

参考ソース


こちらもやろうとしていること理解できるのだが、「非実在青少年」という言葉で有名
になった「創作物全般に対する明確な条件がない恣意的に利用可能な制限項目」と可決
された条文の範囲設定の部分に含まれる「実写を除く」という本末転倒な一文により、
目的が事実上の有形無実というか一番優先して守るべき「実在する子供達に対する保護
」をおざなりにするという奇っ怪な内容となっている上に、この条例が定めているのは
販売やレンタル等でのゾーニングでしか無いし、2010年の改正時には多くの業界関係者
が反対意見を寄せており、あずにゃん氏が言うように手放しで改正を放置したわけでも
ない。

つまるところ引用文自体が完全な勘違いと都合の良い解釈の上に成り立った砂上の楼閣
であり、実際に論として何ら意味を持たない代物である事は明白である。

-------------------------------------------------------------

で本文だが、いつも通り当人が言ってもいない情報を勝手に付与(今回の記事で言えば
「アニオタ」)した上で、それを根拠に罵詈雑言を吐いている訳だが、そんなものに何
の意味があるのか?

相手が言ったことについて批判するならともかく、批判する側が勝手に情報を追加し、
それについて批判したところで、それは例えるなら金を貸していない相手に「俺がお前
に金を貸したと言ったから、お前が俺に借金したのは事実だ。だから金返せ」と言って
いるようなものだ。



更に、

>ネット右翼が増殖したその結果wwwwwwwwwwwwwwwwwww
 俺のブログに粘着していた粘着魔は、人格、思想、コミュ障でリストラ退職wwww
 wwで無職wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
 こいつ等2次元で恋愛する2次元脳のクズは「その人のスペックや情報を見れば、そ
 の人がどんな人物か分かります」って書いていた訳よwwwwwwwwwwwww
 こういう非人間的で、陰湿や朝鮮叩きを繰り返していたクズが社会からハブられて、
 無職、孤独、貧困、孤独死、自殺に追い込まれるのは必然な訳wwwwwwwwww
 wwwwww

>嫌韓や、海外の反応のカモになり、カルト洗脳集団の資金源になっているのがこいつ等
 2次オタな訳よwwwwwwwwwwwwwwwwwww
 その証拠に、俺のブログに粘着している奴等も皆、嫌韓、アニオタ、2次元巫女オタ
 な訳よwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
 そして、見事に全員が無職か、精神異常の貧乏人wwwwwwwwwwwwwwww
 ww
 そいう、2次元の世界しか知らない人間を洗脳し、日本教カルト信者に仕立て上げ、
 奴隷として利用している悪徳集団が海外の反応な訳wwwwwwwwwwww

と自身に都合の悪い人間に対しては勝手に情報を大量に追加し、それを足掛かりに罵倒
するような人間に他人を批評する資格など無いし、その見解や意見が他者から信用され
なくなるのも自業自得としか言いようがないだろう。

-------------------------------------------------------------

取り敢えず此処まで。

スポンサーサイト

2014-01-05 18:12 : スイーツ(略)の記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ロン・セガン

Author:ロン・セガン
「昼は専門学校生、夜はサラリーマン」の二足の草鞋で奮闘する三十路男。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。