スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

スイーツ(略)について309 最近の記事 その227

続きです。

>ホルホルがブラック企業を批判など噴飯もの(嘲笑)
 http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-3915.html

まず引用文だが、この文章の書き手の論はつまるところ

イジメはいじめられる奴が悪い
もしくはイジメを許容している環境が悪い

と同質の論ではないだろうか?

当方の個人的な見解だが、イジメはたしかに環境や被害者側に責任が絶対にないという
事は断言出来きないが、イジメという行為に付いて最も責められるべきは、当然ながら
加害者であり、ブラック企業の例で言えば、ブラックと言われるような経営体制を取る
企業自体だ。

しかも、まるで日本社会がブラック企業を推奨、推進しているかのような書き方だが、
であれば何故現在ブラック企業が問題視され、問題の発生を防止、またはを是正する為
の法律が制定されているのか?

まぁ、結局のところ彼等がやりたいのは、話のネタが何であれ、それ自体について語る
のではなく「こんな劣った環境にいる人間が、優秀な自分達に逆らうなど非常識だ」と
いう単なる自己正当化でしかない以上、貶めたい人間がそんな環境にいるかどうかすら
不明瞭なのだから、只の妄言でしかないだろう。



で本文だが、

>おれ個人の「一意見」を述べているだけなのに、「工作されている」と勘違いして俺を
 攻撃wwwwwwwwwwwwwwwwwww
 欧米の良い所を受け入れないと、日本人は幸福に成れないと言う俺一個人の「意見」
 を述べているだけwwwwwwww
 違うと思うなら、「反論してくれば良いだけ」wwwwwwwwwwwwwwww


という河童だが、そんな河童に実際に反論した結果が

過去の書き込み削除、新規書き込み禁止、承認制の導入による反論の排除

反論したければブログを作れと要求されたので実際に作ると、ブログのブックマーク
 数が少ない等の内容ではない部分で粘着し続ける一方で論じている内容には殆ど
 触れられない。


反論した人物に関する情報を入手すると、それを根拠に脅迫や罵倒も平気で行う。

という人間が「反論してくれば良いだけ」などと言っても、「寝言は寝て言えボケ」
言われて終わりだろうし、そもそも今までさんざん自分の発言や意見を「事実」「現実
」だと繰り返してきた河童が「俺が主張するのは俺個人の一意見に過ぎない」と言った
ところで、誰がそれを信じるだろうか?

ついでに、

>俺が感じる「海外の反応」に対する意見は
 外国人が持つジャップに対するイメージとは
 ダサイ、キモイ、カッコ悪いwwwwwwwwwwwwwwwwな訳wwwwwww
 wwwwwwwwwww
 これも、おれ個人の「一意見」を述べているだけwwwwwwwwww
 違うと思うなら、ホルホルの正当な意見を書けばよい話wwwwwwwwwwwww


と言っているが、

>ジャップの現実とは
 ジャップは、ダサイ、キモイ、恥ずかしいwwwwwwwwwwwwwwwwwww
 ww
 これが世界が抱く日本人に対するイメージwwwwwwwwww

 http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-3913.html

>なら「日本と同じ美的感覚を持った国がありますか~」wwwwwwwwwwwwww
 www
 日本人の容姿は世界的に醜い←絶対真理wwwwwwwwwwwww
 世界で一番モテナイ、世界で一番嫌われる、世界で一番馬鹿にされる、それが残念な
 がら現実wwwwwwww
 違うならどうして日本人が大人気でパラダイスの海外で天国の様な生活を送らずに、
 日本でマン毛が浮いた風呂に入っているのぉ~~wwwwwwwwwwwwwwww
 w

 http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-3900.html

>海外が持つ日本人に対する本当のイメージ
 「ダサイ」「醜い」「キモイ」「汚い」wwwwwwwwwwwwwwおまけに貧乏
 wwwwwwww

 http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-3897.html

という感じで島まで散々現実だ事実だ真実だと繰り返してきた文言を、都合が悪いから
といって「コレは一個人の意見なんだ」と言ったところで、誰が認めるだろうか?
(しかも一番上は一昨日(2014/1/5)の更新内容である)

このように、都合が悪ければ前言など関係無く都合がいい事だけを書き立てる河童の言
こそ、河童自身が批判する「ボクチンルール」そのものではないだろうか?

まぁ、河童は自分が他人を笑い者にして優位に立っているつもりだろうが、その努力も
虚しく実際に笑い者にされているのが河童自身だということに気付く事は、永遠にない
だろうな。
自分の屁理屈のせいで議論が成り立たない事を全力で他人に責任転嫁するくらいだし。

-------------------------------------------------------------

取り敢えず此処まで。

スポンサーサイト

2014-01-07 16:18 : スイーツ(略)の記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ロン・セガン

Author:ロン・セガン
「昼は専門学校生、夜はサラリーマン」の二足の草鞋で奮闘する三十路男。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。