スイーツ(略)について373 罵詈雑言への対応

まいど、はんろんまんです。

GWも終わり、平凡な日常が戻ってきましたが皆さんいかがお過ごしでしようか。

当方は前回の更新で嘆いていた宿題を何とか済ませて、此処数日は通常の授業と仕事に
追われているわけですが、何と言うかGW中の課題三昧の日々を考えると

平日より忙しいGWって何なんだ・・・。

と何とも言えない気分になります。

まぁ、そんな事はさて置き、いつものヤツです。

まず今回は、河童ブログのこの記事のコメント欄で此処一ヶ月ほど続けられた罵詈雑言
について、当方なりの見解を示します。

>愚かな日本猿に関する予言
 http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-3996.html
まず以前の記事で一度指摘済みのことですが、河童ブログのコメント欄では

当ブログの内容に露骨に沿った内容(極論すれば「AはBである」と書くと「AはBだと
 いうのは低能の証だ」という感じ)のコメントが投稿される。


※今年2月以降の「露骨に沿った内容」の対比表
(今年1月分については上記「以前の記事」のリンク先記事を参照)
140510-1.png  140510-2.png

140510-3.png  140510-4.png

それらのコメントでは具体的に誰に対する批判かは明言せず(tophatenarの解析結果
 URLを引用し、それを誰も否定しないにも関わらず)
に、予想や推測として書き込み
 がされている。


③上記二点の理由により、名指しと言い切っていい罵詈雑言だらけのコメントに対して
 当方が反論するのは至極当然のことなのだが、それに対し勝手且つ強引な関連付けで
 「△△という反応をするのは■■と自白したのと同じ」と言い張る。

という下らん誹謗中傷が何度も繰り返されています。

で、挙句の果てに、冒頭で上げた記事のコメント欄のように延々他人を罵倒する書き
込みを繰り返しながら(何とその数20個以上)、具体的に誰に対して言っているのか
は全く明言できず(上記したように当ブログのtophatenar解析結果URLを書き込んで
いるにも関わらず)、更には自分達の言い分に対して反論されたくないが為に、上記
③のような言い訳を繰り返す行為を、当方が確認出来た限りで、今年の年始頃から
延々五ヶ月間に渡り続けています。


--------------------------------------------------------------

また、連中(一応そう称しておきますが)の傾向としてtophatenarの解析結果だけを元
にして当方や他の反論者諸氏を「最下層日本猿」「誰にも見られない」「原生林にしか
住めない」と自分達に都合の良い解釈に基いた罵詈雑言を書き連ねているわけですが、
そもそも「誰も見ない、関心を持たない」という点については、以前に当ブログのアク
セス状況(fc2ユーザー限定)を開示
し、その限定された状況でも閲覧者が居ることを
示した訳ですが、その後も延々同じことを繰り返している有り様です。



更に罵詈雑言コメントのもう一つの常套句「宣伝のための自演コメント」についても、
以前の記事で検証したように

(1)当ブログ、及び当方の他所での書き込みでは「はんろんまん007」という
 記載は引用などを除き殆ど使われていない一方で、河童ブログでは成り
 済ましが始まる以前から「はんろんまん007」の記載が見られる。


(2)あばさ~様のツィッターに誘導する内容にHN「はんろんまん007」を使用、
 または当方のブログに誘導する内容にあばさ~様を対象にした成り済まし
 コメントに特有のHNが使われている。


となり、少なくとも

HNが成り済まし発生以前に河童ブログで使われていることから、成り済まし
 を行った人物は河童と何だかの関係を持つ人物である可能性が高い。


HNや内容等が混在混用している事から、あばさ~様に対する成り済ましと
 当方に対する成り済ましは同一人物、または同一の集団によるものである
 可能性が高い。


と考えられ、そして何より

当方だけでなく、ヨイチ様やあばさ~様のHNをごちゃ混ぜにしたHNで
 投稿する。


という点からして、誰が成り済ましを行っているかは一目瞭然ですし、更に言えば
単純な確率の問題として、世の中に無数にあるブログの一つで問題のコメント
が投稿されたからといって、それを見つけること自体が極めて確率が低いことで
あり、それを何度も見つけるということは、見つけた人間が予め成り済ましコメ
ントを投稿した上で「こんなもの見つけた」と自作自演しているか、そうでなけ
れば延々検索を繰り返して問題のコメントを探しているかのどちらかでしょう。

まぁ前者であればコメントの存在を問題視すること自体が言語道断ですし、後者
なら「誰も見ないし、関心を持たない」と繰り返している当人が、わざわざ検索
する手間をかけてまで当ブログについて書き込まれたコメントを検索していると
いう事になり、これまた発言と行動が矛盾していることになります。


--------------------------------------------------------------

以上の点をまとめると、

河童、及び信者共が言うところの「トラップ」「ワナ」に類するコメントは当ブログ
 の内容と一致した記載の数の多さから偶然の一致というには余りに数が多すぎる
 上に、一致した全ての事例で当ブログでの記載が河童ブログのコメントより以前
 に書かれている。
 この点から、当ブログの内容を予測、推測したものでなく、当ブログに書かれた
 事柄を閲覧した上で、その内容について後追いで書き込みを行っているは明らか。


河童、信者共による「最下層日本猿」「誰にも見られない」「原生林にしか
 住めない」という都合の良い解釈については、過去に閲覧者がいることを示す履歴
 を既に開示しており、彼等の言い分と事実は明らかに異なっている。
 更に成り済ましコメントの件から、成り済ましで無いならば何処に書き込まれたか
 知れぬ成り済ましコメントを延々探していた、言い換えれば当方に深い感心を持ち
 検索したという事になり「誰も関心を持たない」という解釈自体が間違いとなる。


一方成り済ましだとすれば、それについて当方に責を問う事自体が言語道断であり、
 また成り済ましで使われているHNから推測するに、犯人候補は極めて絞られると
 予想される。


という事になるんですが、そもそも何度も書いているように当ブログでは誰が書き込み
を行おうと、礼を失しない限りは紳士的に対応しているつもりです。

だから文句があれば、正々堂々と正面からコメント欄なりに書き込んでくれれば良い(
当ブログで河童に対する反論をしているのは河童自身が「反論したければブログを作れ
」と喚いた為であり当方としては河童ブログのコメント欄に書き込んだほうが数段楽)
訳ですが、ああも延々グタグダ、グチグチと陰口ばかり叩かれるのは、はっきり言って
不快以外の何物でも有りません。


まぁ、ここまで延々論じてきましたが、これらの論法自体が河童やその支持者共の議論
能力が如何に低く、他者との意見の交換や議論など出来ずに、ただただ罵詈雑言を並べ
立てるしか脳が無い、という現実の何よりの証拠でしょう。

--------------------------------------------------------------

取り敢えず此処まで。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ロン・セガン

Author:ロン・セガン
前職退職後、再就職先から業務関連の資格取得を打診されて、数年間の専門学校通いを経て、無事正規採用で再就職した三十代男性
(以前、粘着してきた馬鹿がいたので断っておきますが上記画像の模型の製作者とは別人です)

ツイッターアカウント
https://twitter.com/jipangbito

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード