成り済まし対策 コメント投稿時の連絡メール提示

まいど、ロン・セガン(元はんろんまん)です。

今回は此処で出す小咄のネタもないので、さっさと本題に入ります。

あと、成り済まし(@real_jipangbito)を語る際のカテゴリとして「成り済まし対策」
新規に作りました。
以降、成り済まし(@real_jipangbito)関連の記事はこのカテゴリに入ります。

で、今回の御題ですが、例の成り済まし(@real_jipangbito)が、こんなことを言い始め
ました。
140928-1.png  140928-2.png
左:https://twitter.com/real_jipangbito/status/515144402306469888
右:https://twitter.com/real_jipangbito/status/515144572536512512

140928-3.png  140928-4.png
左:https://twitter.com/real_jipangbito/status/515147221851852800
右:https://twitter.com/real_jipangbito/status/515147312109080576

140928-5.png
https://twitter.com/real_jipangbito/status/515282519835439104

まぁ、詳細は出した画像を見て貰うとして、言っている内容を要約すると、


当ブログの開設(2011年1月初旬、画像に示された記事のリンク)から、特定の記事
 (2014年3月末、画像に示された記事のリンク)までは成り済まし(@real_jipangbito
 が書いたものである。


しかし特定の記事(2014年3月末、リンク)以降は、成り済ましが言うところの「バカ
 姉」が度々勝手に更新を行い、その後、パスワードを変更し乗っ取られた。



となり、これを簡単な図で示すと、こんな感じになります。

140928-6.png


・・・まぁ、こちらが一歩引いた(「はんろんまん」と名乗るのを止めた)ことを好機と
見て、こんな事を言い始めたのでしょうが、この発言を以て

成り済ましが言うところの「はんろんまんのブログ」が当ブログである事

何処から何処までが成り済ましの言う「乗っ取られた期間」なのか

が確定したので、粛々と反論に移りたいと思います。

--------------------------------------------------------------

まず、今回当方が証拠として提示するのは「コメント投稿時にFC2から自動送付される
連絡メール」です。

このメールについては、以前上海の成り済ましを明らかにする際(記事リンク)にも証拠
として提示しましたが、昨年八月頃にネットのプロバイダを変更し、それに伴ってメール
ソフトやアドレスも変更したため、それ以前のメールは現存していません。

しかし、成り済ましの言うところの「自分で更新したと主張する期間」はブログ開設
から2014年3月末までなので、この期間とその後の「ブログを乗っ取られた期間」
の双方で当方がコメントの連絡メールを提示できれば「成り済ましの言い分が嘘で
あること」が証明されるわけです。


で、適当な間隔でメールを選出し、キャプチャしたのがこちら。
(最初のみ他の方のコメントです)

140928-a1.png  140928-a2.png
左:2013/08/31  右:2014/01/30 付のメール
対応するコメント
左:http://jipangbito.blog93.fc2.com/blog-entry-351.html#comment471
右:http://jipangbito.blog93.fc2.com/blog-entry-432.html#comment480

140928-a3.png  140928-a4.png
左:2014/03/19  右:2014/005/05 付のメール
対応するコメント
左:http://jipangbito.blog93.fc2.com/blog-entry-466.html#comment490
右:http://jipangbito.blog93.fc2.com/blog-entry-473.html#comment529

140928-a5.png  140928-a6.png
左:2014/07/07  右:2014/09/14 付のメール
対応するコメント
左:http://jipangbito.blog93.fc2.com/blog-entry-498.html#comment534
右:http://jipangbito.blog93.fc2.com/blog-entry-473.html#comment575

更に、成り済ましが「メールの画像だけを俺のPCで作って持ちだした」と言いそうなので、
当方のPCのメーラーソフトに確かに全てのメールが有るという証拠の画像も提示します。

140928-a7.png
※他にもメールはありますが、今回は必要なメールだけを別フォルダに移しています。

なお、上記のメール画像は全てホストの記載部分、及び承認、削除、報告用のURL、当方
のメールアドレス等が記載されている部分のみ、個人情報保護のため黒塗りにして隠して
います。

さて説明するまでもないですが、当方のPCのメーラーソフトには、成り済ましがブログ
をパスワード変更で乗っ取られたと言い張った期間より前、そしてその期間に入って
からの双方で、当方が使用しているメールアドレス宛で、コメント投稿時のメールが
送付されています。

つまりこれは、成り済ましが言う「乗っ取られた期間」も含めて、当方が一貫して当
ブログの管理者であるという何よりの証拠ではないでしょうか。


--------------------------------------------------------------

で、個々からは「予想される成り済ましの反論」についてです。

まずは、

①俺に成り済ましている姉が、勝手に俺のPCを使って作成した画像をブログに
  載せた。


という言い訳ですが、もしそうなら成り済ましも同じメーラーソフトに、当方が提示したもの
と同じメールが有る画像を提示出来るはず
です。
また「画像を作った後にメールを消されたから再現できない」と言い張るかも知れません
が、そう言ったが最後、別のコメントのメールも更に加えたメーラーソフトの画像を提示
することで、メールがまだ削除されてないことを証明すれば良いだけ
です。


続いては、

②私はメールを残す設定はしていないのに、メールが残っているのは捏造だ。

言うまでもないことですが、投稿時の連絡メールの送り主はFC2プログの管理システムで
あり、FC2の社員でもなんでもない当方に偽造、捏造などは不可能
です。
また、画像自体が嵌めこみなどによる合成だと言い張るかも知れませんが、そう言うから
には、何処がどうだから偽造と判断できるのか具体的な説明を求めたい
と思います。


更に

③姉が勝手にメールアドレスまで変更した。これは姉のPCのメーラーソフトの画像だ。

上記の画像にあるように、成り済ましが「自分で更新していた」と言い張っている期間も
メールは当方のメーラーソフトに届いています(メールアドレスが変更されたなら「自分
で更新した」期間のメールは別アドレスに届くか取得不可)し、そもそもFC2からの連絡
メールの宛先は一件しか設定できません。
つまり同一のメールアドレスに成り済ましが「自分で更新していた」と言い張る期間と、
それ以後の「乗っ取られた」と言い張る期間のメールが共に送付されている時点で、成り
済ましが言うかもしれないメールアドレスの変更という言い訳は成り立たないわけです。



更に更に、

俺は家族全員で同じメールアドレスを使っているんだ。
 だからメールは届いてもブログは乗っ取られているんだ。


こう言ったとしても、じゃあ成り済ましはメーラーソフトを見ることが出来る訳ですから
①と同じく「同じメーラーソフトで同じメールが有る画像」の提示を求めるだけです。
で「削除された」と言い張る場合は、別のメールを加えた画像を提示する、という事で
対策できます。

まぁ、こんなところですか。
後は成り済ましの言い分を見てからですが、どんな言い訳をすることやら。

--------------------------------------------------------------

以下、コメントレス。

ヨイチ様
http://jipangbito.blog93.fc2.com/blog-entry-524.html#comment577

コメント有難うございます。
鬱陶しい成り済ましについて、今回でケリが付けば良いんですが・・・。

--------------------------------------------------------------

取り敢えず此処まで。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ロン・セガン

Author:ロン・セガン
前職退職後、再就職先から業務関連の資格取得を打診されて、数年間の専門学校通いを経て、無事正規採用で再就職した三十代男性
(以前、粘着してきた馬鹿がいたので断っておきますが上記画像の模型の製作者とは別人です)

ツイッターアカウント
https://twitter.com/jipangbito

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード