スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

スイーツ(略)について37 5/21の記事②

原文は準備済みなので、どんどん続きます。

まずは、
>他国からの好感度について
 http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-2411.html

確か元ネタの記事のコメント欄でも反論したが、

【スイーツ(略)のブログ主の主張】
>トルコは文化的に尊敬できる国だが、トルコは反日国家、俺は何かと
トルコを「親日」と持ち出す嫌韓の馬鹿との戦いで何度もトルコは
「反日」「悔日」国家と述べている。

 http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-2386.html
※「悔日」は多分「侮日」の間違い? 悔やんでどうするんだか・・・。
 ↓
【007(このブログの管理人)の反論】
>まあ最後のはさておき、トルコの日本に対する評価は「肯定」が他の
先進国を大きく上回ると同時に「否定」が極めて少なく、多くが同程度
か「否定」が「肯定」を上回っている先進国中で唯一「肯定」が「否定
」に対しトリプルスコアとなっている。
というか、世界最凶(「強」に有らず)の北朝鮮より嫌われている国連
の常任理事国って一体・・・。

http://jipangbito.blog93.fc2.com/blog-entry-50.html
 ↓
【今回の記事に引用されているコメント】
>本当の意味でのその国に対する好感度ってのは実際その国に行き少なく
とも数年間滞在しなければ話にならない。
ましてや、その国の言語や基礎的な文化背景すらまともに理解できてな
い実体験すら出来ていない、ただの受け売りだけでその国の評価を行う
などもっての他だ。

http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-2403.html

という流れなのだが、普通に考えて「トルコが親日か反日か」という事
を論じていて、かつ明確なデータを提示したのに「日本に数年間滞在し
たことのあるトルコ人のデータで無ければ駄目」という条件の絞り
込み、データの歪曲を行う必要がある、
という時点で、それこそ引用
コメントの投稿者が言うところの「印象操作」そのものでは無いだろうか?
それとも、そうでもして現実を捻じ曲げてないと、自分の言い分を正当
化できないのだろうか?
どっちにしてもみっともないな。

----------------------------------------------

次は、

>「動画について報告」、美意識革命隊様及び、世界人民革命様へ!
http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-2412.html

何時まで動画に拘るんだか・・・。

----------------------------------------------

続いて、

>生き地獄を味わうために生まれて来た糞田舎者アンチwwwww
http://sweets4.blog96.fc2.com/blog-entry-2413.html

この記事に限ったことでは無いが、何故ブログ主は反論者を非難する際
に、その論旨ではなく「生き地獄を味わうために生まれて来た」「罪人」
「悪魔」といったオカルトじみた言葉でレッテル針をしようとするのだ
ろうか?
また、面識も無いのに「外貌障害」「こいつの醜い顔」と言い切ったり
「自分の言葉による反論」という実際には何を指しているか明確でない
決め付けで他者の反論を否定したり、「不正、非道徳的手段、嫌味、捏
造、でっち上げ、決め付け、言い掛かり、詭弁」といつもブログ主自身
がやっいることを他人がしていると決め付けたり、と、言いたい放題な
のだが、その非難の全てが自分にも当てはまると言う点についてはどう
考えているのだろうか?

ま、多分何も考えず脊髄反射的なもので駄文を書いているんだろうが、
みっともないことこの上ないな。

----------------------------------------------

取り合えず此処まで。

スポンサーサイト

2011-05-30 23:10 : スイーツ(略)の記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ロン・セガン

Author:ロン・セガン
「昼は専門学校生、夜はサラリーマン」の二足の草鞋で奮闘する三十路男。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。